アーティストArtists

金氏 徹平Teppei Kaneuji1978-

Splash and Flake (pipeline)
title: Splash and Flake (pipeline)
size: variable size
medium: 木、水道管、ガス管など / 撮影:ERIC

  • Splash and Flake (pipeline)

サムネイルをクリックすると、拡大表示します。

金氏 徹平Teppei Kaneuji1978-

1978年京都府生まれ。モチーフは主に日常的なイメージをはらむフィギュアや雑貨。現代社会で再生産され続ける情報のイメージを、リズミカルに反復と増幅を繰り返し展開させることで注目を集める。個々の物体が持つ本来の意味が無視されて繋げられることで、思いもしなかったダイナミックな表現がもたらされている。

略歴
1978年 京都府生まれ
もっと見る
主な個展
2014 年「四角い液体、メタリックなメモリー」 Kyoto Experiment 2014 京都芸術センター(京都)
    「Endless, Nameless (Constructions)」 STPI (シンガポール)
    「フライド幽霊とボイルド空想」 シュウゴアーツ(東京)
2013-2014年 「Towering Something」 chi K11 art space(上海)
2013年 「Towering Something」 Ullens Center for Contemporary Art(北京)
    「Something in the air」 Roslyn Oxley9 Gallery(シドニー)
2012年 「Something on the Planet」 シュウゴアーツ(東京)
2011年 「Ghost in the City Lights」 Eslite Gallery(台北)
    「POST-NOTHING」 Roslyn Oxley9 Gallery(シドニー)
2010年 「Recent Works ‘Post Something’」 シュウゴアーツ(東京)
    「Ghost in the Museum」 兵庫県立美術館(神戸)
2009年 「金氏徹平展: 溶け出す都市、空白の森」 横浜美術館(横浜)
    「Tower」 Roslyn Oxley9 Gallery(シドニー)
    「変成態—リアルな現代の物質性」 gallery αM(東京)
2008年 「TEAM 10 金氏徹平『Ghost In The City Lights』」 トーキョーワンダーサイト渋谷(東京)
    「Great Escape」 project room sasao(秋田)
2007年 「金氏徹平展 splash & flake」 広島市現代美術館 [ミュージアムスタジオ](広島)
    「smoke & fog」 児玉画廊(東京)
    「hole & all」 児玉画廊(大阪)
2006年 「飛沫と破片」 児玉画廊(大阪)
    「liquid collage」 TAKEFLOOR(東京)
    「phenomenon」 児玉画廊(東京)
2004年 「小動物と大洪水」 児玉画廊(大阪)
    「白夜のユーレイ」 児玉画廊(東京)
2003年 「白煙と濃霧」 児玉画廊(大阪)
2002年 「空白と漂泊」 児玉画廊(大阪)
もっと見る
主なグループ展
2015年 「GLASSTRESS 2015 GOTIKA」 Fondazione Berengo(ヴェニス)
    「ザ・コンテンポラリー1 われらの時代 ポスト工業化社会の美術」 金沢 21 世紀美術館(石川)
    「Moving Light, Roving Sight」 Ikkan Art Gallery(シンガポール)
2014-2015年 「DAYDREAM with GRAVITY」 HOTEL ANTEROOM KYOTO(京都)
       「ロジカル・エモーション―日本現代美術展」 ハウス・コンストルクティヴ美術館(チューリッヒ)、クラクフ現代
        美術館(クラクフ)、ザクセンアンハルト州立美術館(ハレ)
2014年 「Open Storage 2014 -見せる収蔵庫-」 MASK (MEGA ART STORAGE KITAKAGAYA) (大阪)
    「舞台がぼんやり見えてきた」 京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA(京都)
    「線を積む│Piling Lines」 FAL 武蔵野美術大学(東京)
    「私の神さま|あなたの神さま」 成安造形大学(滋賀)
    「東京アートミーティング第 5 回 新たな系譜学をもとめて 跳躍/痕跡/身体」 東京都現代美術館(東京)
    六甲ミーツ・アート 芸術散歩 2014 (神戸)
    「絵画の輪郭」 シュウゴアーツ(東京)
    「開館 15 周年記念 サッカー展、イメージのゆくえ。」 うらわ美術館(埼玉)
    「500メーターズプロジェクト 001 Re:送っていただけませんか?」 札幌大通地下ギャラリー 500m美術館(札幌)
2013-2014年 「Mono No Aware. Beauty of Things. Japanese Contemporary Art」 エルミタージュ美術館(サンクトペテルブルク)
       「MOTコレクション 第2部 つくる、つかう、つかまえる」 東京都現代美術館(東京)
       「Now Japan; Exhibition with 37 contemporary Japanese artists」 Kunsthal KAdE(アメルスフォールト, オランダ)
       「六本木クロッシング2013展:アウト・オブ・ダウト―来たるべき風景のために」 森美術館(東京)
2013年 堂島リバービエンナーレ2013, 堂島リバーフォーラム(大阪)
    「アートがあれば II」 東京オペラシティ アートギャラリー(東京)
    「ホワァット(ネ)エヴァー」 コーポ北加賀屋(大阪)
    「Re:Quest―1970年代以降の日本現代美術」 ソウル大学校美術館(ソウル)
2012年 「アブストラと12人の芸術家」 大同倉庫(京都)
    「Japan Media Arts Festival in Hong Kong 2012 Parade: Invisibles In Japanese Media Arts From "Night
    Parade of One Hundred Demons" to "IS Parade"」 ArtisTree(香港)
    「Sculpture by Other Means」 ONE AND J. GALLERY(ソウル)
    「CPUE 2012」 ギャラリーLE DECO(東京)
    「ビルヂング 美術という建築」 広島市現代美術館(広島)
2011年 「赤塚不二夫マンガ大学展」 京都国際マンガミュージアム(京都)
    「世界制作の方法」 国立国際美術館(大阪)
    「フィギュアたちの人生」 ボーダレス・アートミュージアム(滋賀)
    「Making is Thinking」 Witte de with(ロッテルダム)
    「JAPANCONGO」 Le Magasin – Centre National d’Art Contemporain(グルノーブル、フランス)
    シンガポール・ビエンナーレ2011, National Museum of Singapore(シンガポール)
    「Extra Schicht 2011」 Dortmunder U(ドルトムント、ドイツ)
    六甲ミーツ・アート 芸術散歩2011(神戸)
    「PACIFIC」 Scion Installation LA(ロサンゼルス)
2010年 「手感的妙」 Project Fulfill Art Space(台北)
    「レゾナンス 共鳴 人と響き合うアート」 サントリーミュージアム[天保山](大阪)
    「ONE AND J. GALLERY at PIERRE KOENIG」 Pierre Koenig Case Study House #21(ロサンゼルス)
    「Yellow Gate」 Sangrok Gallery, Gwangju Museum of Art (光州、韓国)
    「大衆絵画選抄」 Daiwa Press Viewing Room(広島)
    「Living with art」 Yi&C. Contemporary Art(台北)
2009年 「Re: Membering」 Gallery LOOP(ソウル)
    「MOTコレクション 夏の遊び場—しりとり、ままごと、なぞなぞ、ぶらんこ」 東京都現代美術館(東京)
    「WARM UP」 民生現代美術館(上海)
    「Platform 2009 Projects by Invited Curators」 KIMUSA ほか(ソウル)
    「広島アートプロジェクト2009 いざ、船内探検!吉宝丸 展」 広島市中区吉島地区各所(広島)
    「City-net Asia 2009」 Seoul Museum of Art(ソウル)
    「Twist and Shout」 Bangkok Art and Culture Centre(バンコク)
2008年 「MOTアニュアル2008 解きほぐすとき」 東京都現代美術館(東京)
    「タンジェント:TANGENT」 国際芸術センター青森ACAC(青森)
2007年 「Mixed Signals」 Ronald Feldman Gallery(ニューヨーク)
    「笑い展:現代アートにみる『おかしみ』の事情」 森美術館(東京)
    「ignore your perspective 3」 児玉画廊(大阪)
    「VOCA展2007 現代美術の展望‐新しい平面の作家たち」 上野の森美術館(東京)
    「美麗新世界:当代日本視覚文化」 Long March Space/ Inter Arts Center/ 東京画廊+BTAP(北京)/ 広東美術館(広州)
    「Exhibition as media」 神戸アートビレッジセンター(兵庫)
2006年 「ignore your perspective 2」 児玉画廊(大阪)
    「With Marcel Duchamp」 児玉画廊(東京)
    「大和ラヂヱーター製作所ビューイングルーム vol.1」 大和ラヂヱータービューイングルーム(広島)
    「ALLLOOKSAME?/ TUTTTUGUALE?: Arte Cina Giappone Corea Art」 サンドレット・レ・レバウデンゴ財団(トリノ)
2005年 「Table Tennis Players」(アーティストユニットCOUMAのメンバーとして) art project room ARTZONE(京都)
    「ignore your perspective」 児玉画廊(東京)
    横浜トリエンナーレ2005, (アーティストユニットCOUMAのメンバーとして), 山下埠頭(横浜)
2004年 「Art Court Frontier 2004 #2」 ARTCOURT Gallery(大阪)
    「Art in Transit Vol.6」 パレスサイドホテル(京都)
    「Re SPORTS (Re OLYMPICのプレ・イヴェント)」 STUDIO EARKA(大阪)
2003年 「日重」 ギャラリーそわか(京都)
    「KOBE ART ANNUAL 2003−Grip the Gap−」 神戸アートビレッジセンター(兵庫)
2002年 「俯瞰景」 neutron(京都)
2001年 「主張テン」 gallery ARTISLONG(京都)
もっと見る
受賞歴
2002年 京都市立芸術大学制作展 奨励賞
2010年 咲くやこの花賞 美術部門
2013年 京都市芸術新人賞 〔彫刻〕
2014年 第33回 京都府文化賞 奨励賞
もっと見る
コレクション/パブリックアート
横浜美術館、森美術館、広島市現代美術館、高松市美術館、国立国際美術館、Queensland Art Gallery | Gallery of Modern Art (ブリスベン)
もっと見る
Splash and Flake (pipeline)
title: Splash and Flake (pipeline)
size: variable size
medium: 木、水道管、ガス管など / 撮影:ERIC

トップに戻る