関連出版物Publications

関係と無関係ー河口龍夫論

関係と無関係ー河口龍夫論

関係と無関係ー河口龍夫論

著者/執筆/編集
著者:中原佑介、ドローイング:河口龍夫、ブックデザイン:ディスウェイ、発行人:北川フラム、発行所:現代企画室、印刷・製本:大洋印刷株式会社
発行元・刊行年
2003年3月1日
サイズ 31 x 25.5 cm
ページ数/色 ドローイング図版48頁、文庫本216頁、函入り
言語 日本語
価格 ¥5,000 + Tax
ISBN 4-7738-0218-9 C0070 Y5000E
概要

評論家とアーティストとのコラボレーションが画期的な造本(ブック・イン・ブック)で実現!本書は、美術評論家、中原佑介が、30年以上にわたってその作品を観てきた現代美術作家、河口龍夫の作品と思想について、折々に書いた文章に新たな書き下ろしを加え、ふたりの対談をまとめたものです。ひとりの評論家がひとりのアーティストとの関係を通して1970年代から今日に至るまでの現代美術の意味を探ります。本書のために河口龍夫は新たに29点を描いて積極的に本づくりに関わり、文字通り評論家とアーティストのコラボレーションが実現しました。ブックデザインは、本の中に本を埋め込む形をとり、ユニークな楽しさにあふれています。

【目次】
1、吸い取り紙への渇望
2、『関係--質』
3、河口龍夫による『虹の石』
4、『関係--摩擦』と『関係-温度』
5、見えない自然
6、河口龍夫の作品
7、青
8、河口龍夫と「関係」
9、河口龍夫小論--物質的想像力について
10、種子・生命エネルギー・芸術
11、標本という視覚芸術
12、Xに向けられたアンテナ
13、講演と対談 グループ<位>・「人間と物質」--河口龍夫の原点を探る
14、関係--無関係
あとがき風に
図版
初出一覧

ここに掲載されたドローイングは、
本書のために河口龍夫が制作した29点のうちの24点である。
これらは二〇〇三年三月五日~三月二三日にヒルサイドギャラリーで展示される。

作品データ:「関係--無関係・ドローイング」全29点
紙に鉛筆、各7383x570mm(シートサイズ)二〇〇二年

購入をご希望のお客様は、ご注文内容およびご送付先を以下の連絡先までお知らせください。
内容確認後、送料、決済方法のご案内を差し上げます。
入金確認後に商品を発送いたします。

メール:contact@artfrontgallery.com
FAX:03-3476-1765

トップに戻る