展覧会Exhibition

角文平 個展

  • 角文平 個展

サムネイルをクリックすると、拡大表示します。

角文平 個展

5月21日(金)-6月20日(日)予定

この度アートフロントギャラリーでは、角文平の個展を開催致します。
日程 5月21日(金)-6月20日(日)予定
営業時間 水~金 12:00-19:00 / 土日 11:00 - 17:00
休廊日 月曜日、火曜日
角文平は1978年福井生まれ。瀬戸内国際芸術祭2013, 奥能登国際芸術祭2017など国際展にも名をつらね、将来を期待される作家のひとりである。

角の作品の本質は日常に在るありふれたものをパズルのように組み合わせることで、本来の物が持つ機能や内容をずらし、新たな意味を生じさせることにある。角が用いる道具や物は、ごくありきたりの日常の一部のように見える。しかしそれは、作家本人の手によって、その時に生み出される想像上での姿かたちなのだ。我々が日常を「こうである」と信じているその姿がそこに投影されている。実物の隣に置いたときに、はじめて我々はそれが社会によって植え付けられた思い込みに過ぎないことを認識できるだろう。この驚くべき状況を作り出すのは、1ミリの妥協も許さないような職人かたぎな角のモノづくり技術の高さである。この技術の高さに柔軟な発想力と遊び心が合わさることでその作品は、ユニークになり実に多様な展開を見せている。

過去作において家をモチーフにしたシリーズの制作を通じて、角は現代における都市の住環境の在り方に一石を投じた。「ランドスライド」ではスケートボードで出来た地面の上に家が建ち、不安定な大地を表現し都市開発や造成により造られた自然の曖昧さを明らかにした。また、「Fountain」シリーズでは世界中の列強が追い求める石油やガスなど、埋蔵資源の大量消費による地球規模だが目に見えない変化を、作品を通して可視化するなど、眼前に訝しげにうごめく不安感をもテーマに制作している。時には現代社会においての闇ともとれる重いテーマに触れつつも、そのとらえ方は分析的で、角が作り上げる作品は常に明るくユニークである。その姿は一見すると玩具のように見えるポップさや、老若男女が理解しうる日常的な姿でうまく表現されている。仏人美術評論家クレリア・チェルニック氏が作品の「軽さと重みの共存」が「現代社会の見えない矛盾や不条理を明らかにする」と評したように、角の作品の持つ軽やかな飛躍はアートが果たす社会の役割として海外からも注目されている。

今回アートフロントの展示では、今年の2月に広島現代美術館主催で開催されたどこ✕デザに出品された原爆投下後のパラレルワールドを表現した作品のアップデート版と昨年のsanwacompany Art Awardで発表されたボルダリングシリーズの最新作を展示する。

"Secret room" 2021、どこ✕デザ 出品作品 photo by Kenichi Harada (参考)

アーティスト

トップに戻る