ニュースNews

年末年始のお知らせ

2015/12/26

お知らせ

年末年始のお知らせ

平素よりアートフロントギャラリーにお越しいただき誠にありがとうございます。 勝手ながら2015年12月29日(火)から2016年1月7日(木)まで年末年始の休廊とさせて頂きます。 新年は2016年1月8日(金)より阿部岳史個展「デッドパン」を開催いたします。 新年もどうぞよろしくお願い申し上げます。 尚、会社業務は12月28日(月)まで、年明けは1月4日(月)から行っております。 ご用の方はアートフロントギャラリーの事務所(03-3476-4868)までご連絡ください。 皆様よいお年をお迎えください。

金沢21世紀美術館 企画展  アキリザン参加 

2015/11/29

作家情報

金沢21世紀美術館 企画展  アキリザン参加 

アキリザン夫婦参加 アルフレド&イザベル・アキリザンが参加している金沢21世紀美術館の展覧会「誰が世界を翻訳するのか」がオープンしました。 今年の大地の芸術祭にも参加したインドのアーティスト、シルパ・グプタや前回の大地の芸術祭参加のリクリット・ティラヴァニも出品しています。是非足を運んでみてください。 金沢21世紀美術館「誰が世界を翻訳するのか」 2015年9月19日(土) ?2015年12月13日(日) 10:00?18:00(金・土曜日は20:00まで) 料金: 一般=1,000円(800円) 大学生=800円(600円) 小中高生=400円(300円) 65歳以上の方=800円

大巻伸嗣 個展 パリ    エルメス  セーブル店

2015/10/19

作家情報

大巻伸嗣 個展 パリ  エルメス セーブル店

エルメス セーブル店にて個展 大巻伸嗣がフランス パリのエルメス セーブル店で個展「Liminal Air Fluctuation - existence」を開催致します。 2015年10月19日(月)?24日(土) 10:30?19:00無料  同時にパリ市内で開催されているSlick Art FairのHermes petit hのブースでも作品を紹介されております。 2015年10月21日(水)?25日(日) http://www.slickartfair.com/paris/fr

大巻伸嗣 : 金沢21世紀美術館 コレクション展1  あなたが物語と出会う場所

2015/09/18

作家情報

大巻伸嗣 : 金沢21世紀美術館 コレクション展1 あなたが物語と出会う場所

コレクション展に参加 大巻伸嗣が金沢21世紀美術館のコレクション展1「あなたが物語と出会う場所」に参加しています。 今年の越後妻有アートトリエンナーレに初参加した大巻伸嗣ですが、このコレクション展に参加しているイ・ブルと小沢剛も越後妻有アートトリエンナーレに出品致しました。あわせてご覧ください。 期間: 2015年5月26日(火) ?2015年11月15日(日) 10:00?18:00(金・土曜日は20:00まで) 会場: 金沢21世紀美術館 展示室 休場日: 月曜日(ただし7/20、8/17、9/21、10/12は開場)、7/21、9/24、10/13 料金: 一般=360円(280円) 大学生=280円(220円) 小中高生=無料 65歳以上の方=280円 ※()内は団体料金(20名以上)前売り券販売はありません。 お問い合わせ: 金沢21世紀美術館 TEL 076-220-2800

蔡國強展 at キナーレ

2015/09/05

作家情報

蔡國強展 at キナーレ

会期後も鑑賞可能 今年の大地の芸術祭は、幕を閉じましたが、越後妻有里山現代美術館[キナーレ]では、特別企画展「蔡國強 蓬莱山?Penglai / Horai」が現在も開催中です。 戦後70年の夏、蔡さんは、東アジアが緊張状態にあるなか、今、最もリアルで、国内外の関心が集まる「島」をテーマに、古代中国で仙人が住むといわれた東の海に浮かぶ伝承の島(山)「蓬莱」をメタファーとして、ダイナミックかつユーモアとアイロニーあふれる大インスタレーションを展開。島の周囲に龍のように配置された藁細工は、地域の匠たちからその技を学び、越後妻有のこどもたちとともに作り上げた約1000体にもおよぶ協働の作品。世界各地で、地域と協働しながら、国を超えたプロジェクトを次々と実現する蔡さんの真骨頂とも言えるインスタレーションです。お見逃しなきよう、是非ご覧ください。 会期|2015年7月26日(日)~9月27日(日) 休館日|2015年9月16日(水)、24日(木) 開館時間|9:00~19:00(最終入館18:30) 鑑賞料|大人1,500円、小中学生 800円 ※コレクション展示・芸術祭特別展示を含む ---------------- 芸術祭会期の終わった越後妻有ですが、キナーレ以外にもまだご覧いただける作品がございます。 まつだい「農舞台」、絵本と木の実の美術館、森の学校「キョロロ」、光の館 、その他屋外作品など多数。 キナーレと合わせてまだまだ楽しめる越後妻有ですので、涼しくなってきた今、訪れていてはいかがでしょうか。くわしくはこちらをご覧ください。

作品鑑賞パスポート発売

2015/08/30

お知らせ

作品鑑賞パスポート発売

大地の芸術祭 2015 越後妻有アートトリエンナーレの公式ガイドブックおよび作品鑑賞パスポートをいよいよ発売開始します。 7月のギャラリーでの個展において新しいプロジェクトのプレゼンテーションを行う蔡國強さんや海外での評価も高まる大巻伸嗣さんなども参加する大地の芸術祭2015。その全貌が明らかとなる公式ガイドブックをどこよりも早く販売開始します。お得な作品鑑賞パスポートも7/25まで前売り価格でお求めいただけます。 また大地の芸術祭開催に先駆けて、5/16(土)より渋谷ヒカリエ/8にて開幕直前展を開催します。世界的アーティスト、イリヤ&エミリア・カバコフの新作プランも初めてご紹介。2000年の第1回展以来の膨大な画像記録をスライドショーで一挙公開します。現場を熟知するスタッフが夏の旅の計画をお手伝いするコンシェルジュサービスも実施します。総合ディレクター、参加アーティスト、オフィシャルサポーターによるトークイベントなど、盛り沢山の10日間です。ぜひこの機会に夏の旅の計画を練ってみてください。

蔡國強 個展 アート・アイランド展

2015/07/27

展示会情報

蔡國強 個展 アート・アイランド展

7月28日-9月6日 この度アートフロントギャラリーでは、蔡國強(ツァイ・グオチャン)/Cai Guo-Qiangの個展を開催いたします。北京オリンピック開会式の花火の演出で記憶されている方も多いかと思いますが、2015年、蔡國強(ツァイ・グオチャン) は、京都、横浜、そして越後妻有と日本で話題の展覧会に次々と参加いたします。 この度、その一連の流れと同時並行でアートフロントギャラリーにおいては、より身近に作品を鑑賞する機会をご用意しました。 ※身内に不幸があったため蔡國強さんは予定を変更して急きょ帰国しました。7/27(月)予定しているオープニングレセプションは予定通り開催しますが、残念ながら作家は出席しません。楽しみにしてくださった皆様には大変ご迷惑をお掛けして誠に申し訳ございません。なにとぞご理解、ご了承いただきますよう、お願い申し上げます。

蔡國強 制作ドキュメント

2015/06/30

作家情報

蔡國強 制作ドキュメント

制作過程の様子 現在、アートフロントギャラリーで展示中の蔡國強の火薬ドローイングは、すべて7月25日の越後妻有大地の芸術祭前夜祭に制作されました。制作の様子をupしましたので、展覧会のページをご覧ください。 ※ ギャラリーには、ドキュメント映像がございます。作品と合わせて是非ご覧ください。 越後妻有里山現代美術館[キナーレ]についてはこちらをご覧ください。 横浜美術館についてはこちらをご覧ください。

椛田ちひろ 個展  - Following the Shadow

2015/05/20

展示会情報

椛田ちひろ 個展  - Following the Shadow

5月29日ー6月21日 この度アートフロントギャラリーでは、椛田ちひろ個展を開催致します。 椛田ちひろは1978年福岡生まれ東京育ち。2004年に武蔵野美術大学大学院を修了後、アーティストとして活動を始める。2011年のMot Annual、2012年のVOCA展2012に参加し注目を集める。アートフロントギャラリーでは2010年以降作品を発表し、今回で5回目の展示となる。最近では2013年のスイスでの開催した個展をはじめ、シンガポールでのレジデンスなど海外における発表も目立っている。 アートフロントギャラリーでは2年ぶりの個展となり、今回は影をテーマに新作を発表します。是非ご期待ください。

蔡國強:越後妻有にて構想を練る

2015/05/07

作家情報

蔡國強:越後妻有にて構想を練る

アートフロントギャラリーでは7月の特別展示として蔡國強(ツァイ・グオチャン)/Cai Guo-Qiangの個展を開催いたします。 越後妻有における大地の芸術祭と同時開催のこちらの展覧会は、古代中国の仙境の一つとして名高い蓬莱山をテーマに構想・制作される予定です。 妻有では越後妻有現代美術館キナーレにて巨大なインスタレーション、ギャラリーでは同テーマの平面作品を展開。 大地の芸術祭2015で個展を開催する中国を代表するアーティスト蔡國強が、里山現代美術館[キナーレ]に来訪。現地のスケール感を確認しつつ、作品のディティールを構想中です。

小田薫 個展 - 対峙

2015/04/25

展示会情報

小田薫 個展 - 対峙

5月1日-24日 (GW5月4,5,6日は休廊) この度アートフロントギャラリーでは、小田薫の個展を開催致します。 小田薫は1979年東京生まれ。東京藝術大学で鍛金を学び、2007年に同大学院修了後、本格的に作家活動を始めました。2014年には平塚市美術館の大きなロビー空間を使ってこれまで作って来た作品と共にインスタレーションとも言えるような新たな作品群を発表、今後の展開がますます楽しみなアーティストです。アートフロントギャラリーでの個展は初めてとなりますが、これまで数年間、代官山のT-Siteでの展示を始めギャラリー外の企画活動の中で小田薫をご紹介する機会があり、今後も長らく応援をしていきたい力のある注目作家のひとりです。 是非ご覧ください。 5月1日18:00よりオープニングレセプションを行います。 皆様のご来廊をお待ちしております。

線を聴く : 銀座メゾンエルメスにカールステン・ニコライと鯨津朝子が参加

2015/04/15

作家情報

線を聴く : 銀座メゾンエルメスにカールステン・ニコライと鯨津朝子が参加

2015.4.24 - 7.5 ギャラリー関連作家のカールステン・ニコライと鯨津朝子が 銀座メゾンエルメスのグループ展 「線を聴く」 / Listening to the Line に参加致します。 こちらの展覧会は シンプルな線を考察することをテーマに、私たちの想像力の源である自然の中に見出すことのできる線や、線の生まれる場所に焦点をあてた作品をグループ展形式で紹介いたします。 是非ご覧ください。 ※写真はカールステンニコライによる 越後妻有里山現代美術館にある常設作品:Wellenwanne LFOの一部

大巻伸嗣: 森美術館 - シンプルなかたち:美はどこからくるのか

2015/04/15

作家情報

大巻伸嗣: 森美術館 - シンプルなかたち:美はどこからくるのか

2015.4.15 - 7.5 大巻伸嗣が森美術館の企画展「シンプルなかたち:美はどこからくるのか」に参加いたします。 本展覧会はポンピドゥー・センター・メスとエルメス財団による初の共同企画展になります。 会期中アートフロントギャラリーでも大巻伸嗣の作品を展示いたします。 ご覧になりたい方はスタッフがご案内しますので気軽にお尋ねください。 なお、同展覧会にもう一人の関係作家カールステン・ニコライも参加しております。 今冬、12月には同作家のアートフロントにおける初の個展も予定しております。 「シンプルなかたち:美はどこからくるのか」 会期: 2015年4月25日(土)-7月5日(日) 会  場: 森美術館(六本木ヒルズ森タワー53階) 主  催: 森美術館 ポンピドゥー・センター・メス 特別共催: エルメス財団 助  成: 在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本 笹川日仏財団 協  賛: 株式会社大林組 協  力: エールフランス航空 シャンパーニュ ポメリー ボンベイ・サファイア 企  画: ジャン・ド・ロワジー(パレ・ド・トーキョー プレジデント) 南條史生(森美術館館長)

山本晶 -   jump

2015/03/25

展示会情報

山本晶 -  jump

4月3日-4月26日 アートフロントギャラリーでは2015年4月3日より、山本晶 個展を開催いたします。 山本晶は1969年東京生まれ。目に見えるものの形や影をシルエットとして切り取り、それらの重なりあいで一つの空間世界を構成する作品を制作。ある時には抽象的に、またある時はくっきり形が見えてきたり、交差する形や色の揺らぎがその作品世界の魅力である。 4月3日(金)18:00~オープニングレセプションを行います。 是非お越し下さい。

VOCA展 開催

2015/03/01

作家情報

VOCA展 開催

小野耕石が大賞を受賞したVOCA展2015が3月14日より上野の森美術館で開催されます。 当ギャラリー関係作家のVOCA賞受賞は昨年の田中望に続き2年連続となりました。 受賞した「Hundred layers of colours」は、シルクスクリーンを何版も重ね柱状の突起になるまで繰り返した作品です。 アートフロントギャラリーでも、別室にて小野耕石の作品がご覧いただけます。スタッフにお声かけください。 また、ギャラリーからほど近い代官山蔦屋書店 2号館 2階のAnjin(カフェラウンジ)でもご覧いただけます。 小野耕石の作品、プロフィールについてはこちらをご覧ください。 VOCA展2015現代美術の展望─新しい平面の作家たち 会場 上野の森美術館 会期 3/14(土)?3/30(月) 休館 会期中無休 開館時間 午前10時~午後6時 ※入館は閉館の30分前まで 観覧料 一般・大学生500円/高校生以下無料 初日3月14日(土) 15:00?16:00には、各賞受賞作家によるトークがございます。

VOCA 2015 小野耕石が大賞受賞 

2015/02/28

作家情報

VOCA 2015 小野耕石が大賞受賞 

先日VOCA展2015の各受賞者が発表され、当ギャラリーの関係アーティスト小野耕石が大賞を受賞いたしました。当ギャラリー関係作家のVOCA賞受賞は昨年の田中望に続き2年連続となりました。今回を受賞した作品は「Hundred layers of colours」という作品でシルクスクリーンを何版も重ね柱状の突起になるまで繰り返したもの。今年夏に市原湖畔美術館にて開催された版をテーマとした展覧会「プリントってなぁに」と当ギャラリーでの関連企画展示「エッジ・オブ・プリント」にて発表された小野耕石さんの新作です。3月から始まるVOCA展に合わせてアートフロントギャラリーでも展示を予定しています。見る角度によってその色を変える不思議な絵画を是非ご覧ください。 VOCA展2015現代美術の展望─新しい平面の作家たち 会場 上野の森美術館 会期 3/14(土)- 3/30(月) 休館 会期中無休 開館時間 午前10時~午後6時 ※入館は閉館の30分前まで 観覧料 一般・大学生500円/高校生以下無料

小田薫の彫刻 - 記憶の住処 平塚市美術館で開催中

2015/02/15

作家情報

小田薫の彫刻 - 記憶の住処 平塚市美術館で開催中

平塚市美術館のロビー展にて小田薫の彫刻作品が展示されています。 平塚市のロビー展は2007年より開催され今年で7回目を迎えます。 高さ11mの広い空間で作家、小田薫の鉄の彫刻が生き生きと展開されています。 【ロビー展】小田薫の彫刻-記憶の住処- 2014 年12 月2 日(火) ~ 2015年4月5 日(日) 開館時間9:30 ~ 17:00 休 館 日  月曜日(ただし1/12は開館)、年末年始(12/30~1/3)、1/13 観覧料金  無料 主   催  平塚市美術館 担   当  勝山滋(当館学芸員) アートフロントギャラリーでも、5月1日より小田薫の当ギャラリー初の個展を行います。 ご期待ください。

CCC Award 2015 作品公募

2015/02/14

お知らせ

CCC Award 2015 作品公募

作品公募締切3/7 今年もCCC Award 2015 の公募が始まっています。 新進気鋭のアーティスト、クリエイターから立体アート作品案を募集し、入選者の作品をCCCの本社オフィス(コミュニティのフロア)に1年間展示する公募プログラムです。受賞者には、賞金を授与するほか、制作費を支給します。様々な分野の方からの幅広い企画をお待ちしております。審査員には、金沢21世紀美術館チーフキュレーターの黒澤氏をはじめ、各界から審査員を迎えます。 CCCのオフィスを1年間彩る、斬新かつ実験的な作品の提案をお待ちしています!

椛田ちひろ 「 単位展  - あれくらい それくらい どれくらい?」に参加

2015/02/05

作家情報

椛田ちひろ 「 単位展 - あれくらい それくらい どれくらい?」に参加

六本木の21-21Design Sight (ミッドタウンガーデン内)にて開催中の「単位展 - あれくらい それくらい どれくらい?」に椛田ちひろが参加しています。 アートフロントギャラリーでも5月29日(金)より6月21日(日)まで個展を開催いたします。ご期待ください。 企画展「単位展 ― あれくらい それくらい どれくらい?」 会場: 21_21Design sight 住所:東京都港区赤坂9-7-6東京ミッドタウン・ガーデン内 電話:03-3475-2121 地下鉄:都営大江戸線・東京メトロ日比谷線「六本木」駅、 千代田線「乃木坂」駅より徒歩5分 会期:2015年2月20日(金) - 2015年5月31日(日) 休館日:火曜日(5月5日は開館) 開館時間:11:00 - 20:00(入場は19:30まで) *4月25日(土)は六本木アートナイト開催に合わせ、通常20:00閉館のところを特別に24:00まで開館延長(最終入場は23:30) 入場料:一般1,000円、大学生800円、中高生500円、小学生以下無料

山本晶 東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館 展覧会「クインテットⅡ-五つ星の作家たち-」参加

2015/01/05

作家情報

山本晶 東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館 展覧会「クインテットⅡ-五つ星の作家たち-」参加

山本晶が東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館展覧会「クインテットⅡ-五つ星の作家たち-」参加しています。 アートフロントギャラリーでも4月3日(金)から山本晶の展覧会を開催いたします。ご期待ください。 クインテットⅡ-五つ星の作家たち- 「クインテット」(五重奏)と題し、継続的な作品発表の実績があり、将来有望な5人の作家たちを紹介するシリーズ企画展。富岡直子、平体文枝、岩尾恵都子、水村綾子、山本晶の近作・新作約70点を展示します。 開催概要 会期 2015年1月10日(土)~2月15日(日) 休館日 月曜日(ただし1月12日は開館、翌13日も開館) 会場 東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館 〒160-8338新宿区西新宿1-26-1損保ジャパン日本興亜本社ビル42階

大巻伸嗣 「TARO賞の作家Ⅱ」 参加

2015/01/04

作家情報

大巻伸嗣 「TARO賞の作家Ⅱ」 参加

大巻伸嗣が展覧会「TARO賞の作家Ⅱ」に 参加致します。 岡本太郎の精神を継承し、自由な視点と発想で、現代に鋭いメッセージを突きつける芸術家を顕彰するため創設されたTARO賞(岡本太郎現代芸術賞)。これまで17回を数えるTARO賞から、国内外で活躍する作家を数多く輩出してきました。  岡本太郎美術館では、入選者を紹介するTARO賞展を第4回より毎年開催してきましたが、過去にはTARO賞展と同時期に、また現在は「TARO賞の作家」シリーズとして、受賞作家を紹介する展覧会を開催しています。かつて岡本太郎がそうであったように、新しい才能を支援し、発表の機会を提供していきたいと考えています。  シリーズ第2回となる本展では、第6回から第12回で入賞した5名の作家、大巻伸嗣(第6回特別賞)、タムラサトル(第8回入選、第12回特別賞)、天明屋尚(第6回優秀賞)、藤井健仁(第7回入選、第8回準大賞)、ヤマガミユキヒロ(第11回特別賞)の現在の活動を紹介。新しい表現の可能性を探る意欲的な作品をご覧ください。 「TARO賞の作家Ⅱ」 参加作家:大巻 伸嗣、 タムラ サトル 、天明屋 尚、藤井 健仁、ヤマガミ ユキヒロ 2014年10月18日(土)~2015年1月12日(月祝)

トップに戻る