ニュースNews

角文平が新作を出品中  「瀬戸内国際芸術祭」特別展示@Anjin

角文平が新作を出品中 「瀬戸内国際芸術祭」特別展示@Anjin

2016/07/01

ギャラリーからほど近い代官山蔦屋書店2号館 2階 Anjinフロア(カフェラウンジ)では、間もなく夏会期がオープンする瀬戸内国際芸術祭2016を特集した展示を行っております。現在、アートフロントギャラリーで個展を開催中の角文平も海の漂流物などを使った新作を展示していますので、是非ご覧ください。

Anjin 2016年特別展示「瀬戸内国際芸術祭」
瀬戸内海の島々を舞台にアートを展開する瀬戸内国際芸術祭。2010年から3年毎の開催で今年は第3回目となり、20を超える国と地域から約200組のアーティストが参加する今や国際的にも注目される日本を代表する芸術祭の一つです。舞台となる現地は東から西まで12の島と2つの港とこれまでにない規模となりました。この芸術祭の熱気と瀬戸内海の気分を伝える特別展示を行います。大岩オスカールや大巻伸嗣などの人気作家による芸術祭の作品模型やプロトタイプや、秋会期の新作に期待が寄せられるアルフレド&イザベル・アキリザンや康夏奈など。瀬戸内海の風景とともに作家たちのユニークな作品が夏の旅へと誘うことでしょう。

期間:7月6日(水)~9月11日(日)午前9時~午前2時
   ※7/27~8/1は除く
場所:代官山蔦屋書店2号館 2階 Anjinフロア
出展作家:角文平、康夏奈(吉田夏奈)、アルフレド&イザベル・アキリザン、大岩オスカール、木村崇人、エステル・ストッカー、長谷川仁、村上慧、大巻伸嗣(*8/2以降に展示)

詳細はこちら

トップに戻る