ニュースNews

南条嘉毅 VOCA展 出品

南条嘉毅 VOCA展 出品

2017/03/01

現在展覧会を開催中の南条嘉毅が3月11日土曜より、上野の森美術館で始まるVOCA展に参加致します。
VOCA展(The Vision of Contemporary Art)は全国の美術館学芸員、ジャーナリスト、研究者などが40才以下の若手作家の推薦し、その作家が平面作品の新作を出品するという方式により、全国各地から未知の優れた才能を紹介する展覧会です。

高松市美術館学芸員の牧野裕二氏の推薦による南条の出品作品は、2016年夏に京都、千本通界隈において参加したレジデンスから生まれました。南条は自身が滞在制作した場所の足元2メートル下に約1,200年前の平安京の遺構が眠っていることに思いを馳せ制作したイマジネーションの拡がる作品を発表致します。

アートフロントギャラリーでの「Out of Time」展では、実験的なインスタレーションを発表中の南条。ギャラリーの別室ではVOCA展出品作品関連の平安京における建造物、羅城(じょう)門、朱雀門、大極殿の往時の姿と現代のその場所の姿を重ね合わせた3つの習作絵画も展示しています。是非お越しください。

VOCA展2017 現代美術の展望─新しい平面の作家たち
会場 上野の森美術館
会期 3月11日(土)〜3月30日(木)
休館 会期中無休
開館時間 午前10時─午後6時(入館は閉館の30分前まで)
観覧料 一般600(500)円/大学生500円/高校生以下無料 ※( )は一般前売料金


詳細はこちら

トップに戻る