ニュースNews

田中望、越後妻有の冬の芸術祭「SNOWART」に参加 @まつだい郷土資料館

2018/01/31

作家情報

NEW

田中望、越後妻有の冬の芸術祭「SNOWART」に参加 @まつだい郷土資料館

豪雪地の魅力をアートの力で掘り起こす、越後妻有の冬の芸術祭「SNOWART」(スノワート)に田中望が参加します。出展作品は2015年の大地の芸術祭で好評を博したインスタレーション作品「ものがたりをつむぐ-雪にひらかれるみち-」を更にアップデートしたものになります。会場となるのは築約140年のけやき造りの重厚な民家を利用した郷土資料館。かつて盛んだった越後妻有の糸紡ぎや機織りが描かれた無数の行燈と絵巻物が、伝統的な室内空間いっぱいに展開します。絵巻物の出発点に置かれた織り機から黒い糸が紙に山の風景や木々を織っていくさまは、いまるで糸から墨絵を描いているように感じさせます。 越後妻有の冬の芸術祭「SNOWART」では、5回目を迎える「越後妻有 雪花火」をはじめ、冬シーズンは初となる公募の入選作品を展開します。集落でのおもてなし「雪見御膳」を体験するツアーも。3mにも積もる雪の世界での旅を、お楽しみください。 開催概要 日時 2018年1月27日(土)〜2018年3月11日(日)9:00〜17:00 ※水曜休館 場所 まつだい郷土資料館 (新潟県十日町市松代3743-1) 料金 一般300円、小中学生150円 ※2018冬共通チケット提示で2018年2月24日(土)~3月11日(日)のうち1回入場可

竹中美幸 クインテットIV - 五つ星の作家たち- 展 @損保ジャパン日本興亜美術館

2018/01/15

展示会情報

NEW

竹中美幸 クインテットIV - 五つ星の作家たち- 展 @損保ジャパン日本興亜美術館

竹中美幸が損保ジャパン日本興亜美術館にて現在開催中の「クインテットIV - 五つ星の作家たち- 」展に出展しています。 是非、ご高覧ください。 クインテットIV - 五つ星の作家たち- ■会期:2018年1月13日(土)~ 2月18日(日) ■休館日:月曜日(ただし2月12日は開館、翌13日も開館) ■会場:東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館 〒160-8338新宿区西新宿1-26-1損保ジャパン日本興亜本社ビル42階 ■開館時間:午前10時-午後6時まで(入館は午後5時30分まで) ■観覧料:一般_600円(500円)、大・高校生_400円(300円)、中学生以下_無料 ※( )内は20名以上の団体料金 および前売り料金 クインテットIV展は、「クインテット」(五重奏)と題し、継続的な作品発表実績があり、将来有望な5人の中堅作家たちを紹介するシリーズ企画第4 弾です。青木恵美子、竹中美幸、田中みぎわ、船井美佐、室井公美子の近作・新作約80点を展示します。 第1 回、第2 回は「風景」、第3 回は「自然」、第4 回の本展テーマは「具象と抽象の狭間」です。ポール・ゴーギャンは「芸術とはひとつの抽象なのだ」と言明し、絵画に思想・哲学的要素を取り入れました。5人の作家たちは、ゴーギャンの革新性を無意識に踏襲し、理知的な線と感覚的な色彩とを組合せ、世界を写すことと自己を表出する振幅の中で制作しています。 私たちと同時代に制作された、手法と環境も異なる5 人の作品を見ることは、「時代精神」に立ち会うことにほかなりません。具象と抽象の狭間の深い闇の中で光を求めて彷徨い続けているのが現代作家たちであり、私たち自身でもあるのです。絵画の前に佇むことで、私たちの心に奏でられる五重奏は、爽やかな「残響」としてしばらく留まることでしょう。 また、アートフロントギャラリーでは3月に竹中美幸の5年ぶりの個展を開催いたします。 2013年より続けてきたフイルムシリーズを展開予定。フイルムに恣意的に光を露光することで色を与え、それを複数の層として重ねることで見えないはずの光、あるいは光によって初めて見えるようになるはずの何かをフイルムという物体を通して可視化します。とりわけ今作は、竹中の実家が引っ越しに伴う建て壊しになった経験を元に、これまで長く家にあったランプやカーテンなどの家財を直にフィルムに露光させています。光や影を一貫して表現してきた竹中が自身の記憶や体験を表象する、新たな展開がみられる次回展にどうぞご期待ください。

トップに戻る