ニュースNews

大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ特別展示@代官山蔦屋書店

大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ特別展示@代官山蔦屋書店

2018/07/09

現在、代官山蔦屋書店では大地の芸術祭の特別展示「越後妻有アートトリエンナーレ 2018」を開催しています。
今回は、7月29日から開催する越後妻有アートトリエンナーレ 2018よりピックアップした注目の参加アーティストの作品をご紹介します。
代官山蔦屋書店では、販売作品もございますので、是非お立ち寄りください。

■大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ 2018 特別展示
会期:2018年7月9日~9月16日 
会場:代官山蔦屋書店 2号館 2階 anjin café
展示作品の販売もございます。

展示作家:
金氏徹平、磯辺行久、河口龍夫、オラフ・ニコライ、ムニール・ファトゥミ、川俣正、国松希根太、田島征三、中谷ミチコ

大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ 2018 公式ウェブサイト

関連プロジェクト

NEW 大巻伸嗣個展『SUIKYO』in 水郷ひた芸術文化祭2018、大分
大巻伸嗣個展『SUIKYO』in 水郷ひた芸術文化祭2018、大分
NEW Summer Fictionに寄せて―金氏徹平インタビュー
Summer Fictionに寄せて―金氏徹平インタビュー
NEW 大地の芸術祭2018  SoKo特別展示より、新作紹介① 《フローティング・スカルプチャー 2018》
大地の芸術祭2018  SoKo特別展示より、新作紹介① 《フローティング・スカルプチャー 2018》
NEW 展覧会紹介:レアンドロ・エルリッヒ展 @ HOW Art Museum (中国、上海)
展覧会紹介:レアンドロ・エルリッヒ展 @ HOW Art Museum (中国、上海)
ムニール・ファトミ作品紹介 vol.2:Maximum Sensation
ムニール・ファトミ作品紹介 vol.2:Maximum Sensation
ムニール・ファトゥミ 新作紹介 vol.2:The class room
ムニール・ファトゥミ 新作紹介 vol.2:The class room
川俣正 取扱い作品解説:「Frauenbad」
川俣正 取扱い作品解説:「Frauenbad」
ムニール・ファトミ作品紹介:Save Manhattan 03
ムニール・ファトミ作品紹介:Save Manhattan 03
レアンドロ・エルリッヒ 作品解説:The cloud(Japan)
レアンドロ・エルリッヒ 作品解説:The cloud(Japan)
ムニール・ファトゥミ 新作紹介 vol.1:The Machinery
ムニール・ファトゥミ 新作紹介 vol.1:The Machinery
プレオープン!磯辺行久記念越後妻有清津倉庫美術館
プレオープン!磯辺行久記念越後妻有清津倉庫美術館
川俣正 作品紹介:アメリカにおける初期プロジェクト作品
川俣正 作品紹介:アメリカにおける初期プロジェクト作品
川俣正「工事中」再開展より:作品紹介
川俣正「工事中」再開展より:作品紹介
川俣正 - 「 工事中 」 再開 レポート
川俣正 - 「 工事中 」 再開 レポート
NEW 大巻伸嗣の新しい展開
大巻伸嗣の新しい展開
川俣正の新作完成(奈良)
川俣正の新作完成(奈良)
2016企画展「つらなるかたち」
2016企画展「つらなるかたち」
大巻伸嗣「影向の家」特別公開 - 大地の芸術祭の里 越後妻有2016春
大巻伸嗣「影向の家」特別公開 - 大地の芸術祭の里 越後妻有2016春
蔡國強「船をつくる」 本日進水!
蔡國強「船をつくる」 本日進水!
SETOUCHI ART @ 伊勢丹新宿店
SETOUCHI ART @ 伊勢丹新宿店
蔡國強「船をつくる」 スタート
蔡國強「船をつくる」 スタート
大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2015 リポート No.9 - 磯辺行久
大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2015 リポート No.9 - 磯辺行久
大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2015 リポート No.8 - 清津倉庫美術館
大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2015 リポート No.8 - 清津倉庫美術館
大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2015 リポート No.5 - レアンドロ・エルリッヒ
大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2015 リポート No.5 - レアンドロ・エルリッヒ
大巻伸嗣 栗林公園にて新作完成
大巻伸嗣 栗林公園にて新作完成
市原湖畔美術館オープン記念企画 : 磯辺行久展
市原湖畔美術館オープン記念企画 : 磯辺行久展
dialogue:展覧会レポート 2012/6/5
dialogue:展覧会レポート 2012/6/5

トップに戻る