ニュースNews

アルフレド&イザベル・アキリザン 個展 「Pillars: Project Another Country」

アルフレド&イザベル・アキリザン 個展 「Pillars: Project Another Country」

2019/02/28

フィリピンを代表するアーティスト、アルフレド&イザベル・アキリザンがニュージーランドのオークランドアートギャラリーにて個展「Pillars: Project Another Country」を開催しています。
前回の瀬戸内ではイリコ干しの網を用いた巨大なアンテナ作品を発表し、離れ小島の伊吹島から世界中の名も無き島々への交信を試みました。
2016年の北アルプス国際芸術祭でも、湖に浮かぶ日常品をコラージュした船を制作、カラフルでコミカルな姿の船が楽しげに漂う作品で人気のあった作家です。
アキリザン夫妻は、自らの経験を下に、イミグレーション(国境を越えた移動)をテーマとしたプロジェクトで活躍中。
移動や引越しのときによく使うものを材料とし作品を制作。特に金沢21世紀美術館をはじめとする世界中の現代美術館に収蔵されているダンボールを使った巨大なインスタレーション作品は圧巻の迫力です。

今年の夏には、2014年以来、久しぶりにアートフロントギャラリーでの個展も予定しています。
年々注目度が高まっているアジアのスター作家の最新作にどうぞご注目ください!

作家プロフィール、及び作品については こちら

■個展"Pillars: Project Another Country"
日程: Sat 23 Feb 2019 — Sun 16 Feb 2020
会場: Auckland Art Gallery(Wellesley St E, Auckland, 1010 ニュージーランド)
キュレーション: Rhana Devenport


詳細はこちら

トップに戻る