展覧会Exhibition

北城貴子 - Spectrum
Prismatic Color 4 / キャンバスに油彩 / 1303 x 1940 mm / 2018

  • 北城貴子 - Spectrum

サムネイルをクリックすると、拡大表示します。

北城貴子 - Spectrum

2018年 10月 19日 (金) - 11月 11日 (日)

この度アートフロントギャラリーでは、北城貴子の個展を開催致します。
日程 2018年 10月 19日 (金) - 11月 11日 (日)
営業時間 11:00 - 19:00 (月、火休)
北城貴子(1975-) は大阪府に生まれ、2004年に京都市立芸術大学大学院で博士課程を修了、2006年に公募で大原美術館のレジデンスプログラムARKOに選出され光を描く風景画が一躍脚光を浴びた。平面作家の登竜門であるVOCAにも2004/2013年の2回に渡って参加、光溢れる木立や水辺、咲き乱れる花、雪、山等に描く対象を広げながら独自のスタイルを確立している。

元々描く対象をドローイングで描きとめるためにあちこち移動することを厭わない北城が、近年足しげく通っているのが福島県の喜多方市で、レジデンスや地元の人々との交流を経て昨年個展を開催した。ここで発表された作品は、本格的な登山を初めとして風景を視覚と触覚で掴み取ったドローイングやそれを基に制作された油彩画で、標高2000メートルを超える 飯豊山で残雪を照らす光を体感し、長めのストロークで峻厳な岩肌を立体的に表現した。Keep touching you というシリーズには、2012年ごろのThe day I touched you からさらに奥深く風景に、或いは筆触の領分に分け入っていこうとする作家の意気込みが感じられる。

アートフロントギャラリーでの個展は2014年春以来3年半ぶりになるが、今回のテーマ《水面》は、北城が繰り返し描いてきたモチーフの一つである。長年、光の位相を追求してきた作家にとって、どこにでもありながら捉えどころのない水面はシンプルなだけに挑戦しがいのあるモチーフかもしれない。時間によって光の量そのものが刻一刻と移ろう中で、光が水面にあたってさらに反射し、乱反射が空間を満たしているような状態をそのまま伝えようという作家の意図が、色のプリズムに還元された、実は水面という具体的なモチーフを通して直接響いてくる。以前北城は「筆触から、見た人に皮膚感覚でその時の感じを 認めてもらうようにするのが難しい」と語っていたが、同じ水面でもその質感は様々に構築される。物質そのものも絵画として認知されるようになった今日、絵画とは何かを一貫して問い続けている作家の新たな挑戦を、画面の隅々まで響く通奏低音と共に感じ取っていただければ幸いです。

Prismatic Color 5 / キャンバスに油彩 / 1303 x 1940 mm / 2018

トップに戻る