ニュースNews

東弘一郎@UNMANNED 無人駅の芸術祭/大井川2024

東弘一郎@UNMANNED 無人駅の芸術祭/大井川2024

2024/02/09

東弘一郎が2月10日(土)から開催される「UNMANNED無人駅の芸術祭/大井川2024」に参加します。ご注目ください。

■UNMANNED無人駅の芸術祭/大井川2024
会期:2024年2月10日(土)〜3月17日(日)
会場:大井川鐵道無人駅周辺(静岡県島田市・川根本町)
鑑賞料:無料

静岡県島田市と川根本町という2つの市町で開催を重ねる芸術祭。
静岡県と山梨県の境にある間ノ岳にその源を発し、幾つもの渓流を合わせながら、 駿河湾に注ぐ全長 168kmの大井川と、河川に沿って走る大井川鐵道無人駅を入り口とした集落全体をアートの舞台にしています。
過疎化の進む当エリアには、無人駅をはじめ、耕作放棄地、空き家など人がいなくなることで生まれた場所がたくさんあります。
そしてそれは都市部でも起こっている現象。あらゆる場所が無人になっていく現代。私たちは無人駅を現代社会の象徴と捉えます。

★東弘一郎 作品について
茶畑のサイクリスト
鑑賞者は防霜ファンからの視点で茶畑を一望でき、自転車を漕いで風車を回すことができる。また、作品の体験をすることで鑑賞者自身が景観の一部となる。
高速道路を降りて茶畑だらけの風景に一気に変わると、島田に入ったという実感が湧く。整えられた茶樹の独特な形状と、それを見守る防霜ファンが立ち並ぶ風景はとても美しい。作品を通じて地元の人々と訪れる人々の間での対話を促し、この美しい茶畑の風景をさらに愛してもらうきっかけとなればと思う。

設置場所:しまの空き地

詳細はこちら

アーティスト

アートフロントギャラリーでの展覧会

トップに戻る