ニュースNews

年末年始休廊のお知らせ

2011/12/27

年末年始休廊のお知らせ

12/26~1/6 平素はアートフロントギャラリーに足をお運びいただきありがとうございます。 アートフロントギャラリーでは2012年も若手作家から国内外を通じて活躍する作家まで年間20本以上の展覧会を開催予定です。 代官山から世界にむけて発信されるメッセージにどうぞご期待ください。 誠に勝手ながら2011年12月26日(月)から2012年1月6日(金)まで休廊させて頂きます。 尚、会社業務は1月5日(木)より行っておりますので、御用のある方はアートフロントギャラリーのオフィスまでご連絡ください。

滑川由夏 - A Place of Innocence

2011/11/30

滑川由夏 - A Place of Innocence

12/6~12/25 この度、アートフロントギャラリーでは滑川由夏による個展「A Place of Innocence」を開催致します。 会期:2011年12月6日(火)~25日(日) 12月20日(火)~25日(日)6日間限定のインスタレーション展示 時間:11:00~19:00※月曜休廊 会場:アートフロントギャラリー レセプション:12月20日(火) 18:30~20:00 作家公式ホームページ

阿部岳史 - 幽玄

2011/11/08

阿部岳史 - 幽玄

11月15日~12月4日 この度、アートフロントギャラリーでは阿部岳史の個展「幽玄」を開催致します。 会期:11月15日(火)~12月4日(日) 時間:11:00~19:00(月曜休廊) 会場:アートフロントギャラリー 作家在廊日:11月19日(土)、23日(水・祝) 2010年「生まれるイメージ2010」展(山形美術館)公式HP 2009年「project N 37」(東京オペラシティアートギャラリー)公式HP 作家公式ホームページ

大岩オスカール等参加

2011/11/07

大岩オスカール等参加

「昭和40年会:We Are Boys!」展キエフにて開催 昭和40年生まれの日本の現代アートシーンで活躍するアーティストで結成されるグループ「昭和40年会」による展覧会「We Are Boys!」が、ドイツのデュッセルドルフに続き、ウクライナのキエフにて開催されています。 この展覧会は、キエフの国立美術館Arsenalにて開催されている国内最大のアートフェア"ART-KYIV Contemporary 2011"の特別展示になります。 大岩オスカールや小沢剛など昭和40年会のメンバーの作品が展示されています。 「昭和40年会:We Are Boys!」 会期:2011年11月1日~11月13日 会場:Art Arsenal(キエフ・ウクライナ) 出品作家:会田誠、有馬純寿、パルコキノシタ、松蔭浩之、大岩オスカール、小沢剛 こちらの映像にて、展覧会の様子をご覧いただけます。

小野耕石 - 削柱移植

2011/09/27

小野耕石 - 削柱移植

10月7日~10月23日 この度、アートフロントギャラリーでは小野耕石の個展「削柱移植」を開催致します。 初日の10月7日(金)にはオープニング・レセプションを行います。 是非、御来場、御高覧下さい。 会期:10月7日(金)~10月23日(日) 時間:11:00~19:00 (月曜休廊・ただし10月10日を除く) 会場:アートフロントギャラリー オープニングレセプション:10月7日(金) 18:00~20:00. 作家公式ホームページ

大巻伸嗣 トークイベント

2011/09/26

大巻伸嗣 トークイベント

10月9日(日)15時~17時 この度、10月9日(日)にアートフロントギャラリーでは猿楽祭連動企画として、「アートを楽しむ秋の1日大巻伸嗣 CAFE TALK」と題し、今最も注目を集める若手アーティストの一人である大巻伸嗣によるアーティスト・トークを開催致します。 大巻は、これまでに空間を非日常的な世界に変容させ、鑑賞者の身体的な感覚を呼び覚ますダイナミックなインスタレーション作品を制作してきました。また、「自分のアート空間には人の出入りが不可欠」と語るように、常に見る人が作品の一部となるような空間を作り続けています。 今回は、スイス・バーゼルでのレジデンスと個展の開催や、2011アジアンアートビエンナーレ(台湾)への参加など、世界へとその活躍の舞台を広げている作家ならではの視点で、海外のアート事情等についてお話し頂きます。 ギャラリーでは10月9日(日)・10日(月・祝)と2日間に渡り、作品の特別展示を行いますので、作品を前に作家のお話を聞くことのできる貴重な機会となります。 会場ではお飲物、軽食もご用意しております。 是非ご予約の上、ご参加ください。 ご予約は電話、メール、FAXにて受け付けております。 以下のフォームをダウンロードし、必要事項を記入して、contact@artfrontgallery.com、もしくは、03-3476-1765 (FAX)までメール・FAXをお送りください。 お電話でのご予約は03-3476-4869(担当:下山)までご連絡ください。 大巻伸嗣CAFE TALKご予約フォーム (クリックしてダウンロードしてください) アートを楽しむ秋の1日 大巻伸嗣 CAFE TALK (要予約) 【日時】2011年10月9日(日)15:00 ~ 17:00 【会場】アートフロントギャラリー 【会費】2000円(中学生以下無料)      軽食・ドリンクをご用意いたします。 大巻伸嗣 特別展示 【会期】2011年10月9日(日)、10日(月・祝) 【時間】11:00~19:00 【会場】アートフロントギャラリー (ご覧になりたい方は1F小野耕石展にて声をおかけください。)  ※9日(日)15:00-17:00 CAFE TALK 開催中は要予約(有料)となりますのでご注意ください

中岡真珠美- 柔らかな楕円形を求めて

2011/09/17

中岡真珠美- 柔らかな楕円形を求めて

9月2日~10月2日 この度、アートフロントギャラリーでは中岡真珠美の新作個展「柔らかな楕円形を求めて」を開催致します。 会期:9月2日(金)~10月2日(日) 時間:11:00~19:00 (月曜休廊) 会場:アートフロントギャラリー オープニングレセプション:9月2日(金)18:00~20:00 産経新聞 2005年「project N21」公式HP(東京オペラシティアートギャラリー)

10/9, 10大巻伸嗣特別展

2011/09/15

10/9, 10大巻伸嗣特別展

2日限りの特別展示: この度アートフロントギャラリーでは、大巻伸嗣の作品の特別展示を行います。 初期の作品から、近年の「ECHO-Crysalization」シリーズまで、 平面や小立体作品を展示致します。 こちらは10月9日(日)、10日(月)の2日間限定の特別展となります。 ご覧になりたい方は、ギャラリーにてお声かけ下さい。 御来場お待ちしております。 大巻伸嗣特別展示 会期:10月9日(日)、10日(月・祝) 時間:11.00~19.00 会場:アートフロントギャラリー ※9日(日)15:00~17:00のみ要予約(有料)となりますのでご注意ください photo by Osamu Nakamura

AIDEC presents MORE! life with art 21th

2011/08/24

AIDEC presents MORE! life with art 21th

中岡真珠美特別展示: 「中岡真珠美- 柔らかな楕円形を求めて」の9月2日(金)よりの開催に合わせて特別に制作したリーフレットが完成いたしました。こちらには、国立国際美術館の学芸員で、今年の第54回ヴェネチア・ビエンナーレにおいて日本館のコミッショナーを務められた植松由佳さんに御寄稿頂きました。 また今回の展覧会に連動して、家具やインテリア商品の輸入販売を行っているAIDECの東京ショールームにて「MORE! life with art 21th」と題し、中岡真珠美の作品の特集展示が開催されております。こちらは普段ギャラリーや美術館にあるアート作品が、家具と一緒に展示されることで活き活きしていく様子を見て頂きたく企画したものです。 ギャラリーでの新作展と合わせて、是非こちらにもお越しください。AIDECでの特別展示は11月末までを予定しております。 この特別展示についてはAIDECのHPでご覧頂けます。東京ショールームへの行き方もこちらでご覧ください。 AIDEC presents MORE! life with art 21th -中岡真珠美展 時間:11:00~19:00 会場:AIDEC 東京ショールーム 定休:水曜日、日曜日、祝日 なお、こちらのリーフレットとAIDECでの特別展示に関する詳しい情報は、ARTiTの当ギャラリースペースにも掲載しております。

椛田ちひろ展掲載- BT 美術手帖8月号

2011/07/21

椛田ちひろ展掲載- BT 美術手帖8月号

今月10日まで当ギャラリーで開催されていた椛田ちひろの個展「目をあけたまま閉じる」が7月16日発売の『美術手帖』誌にて取り上げられています。 東京都現代美術館、ギャラリーαMと続いた椛田の一連の展覧会の集大成となった今回の展示について、インディペンデント・キュレーターの児島やよいさんが文章を寄稿して下さいました。 こちらの記事は連載の「REVIEWS」の扉ページを飾っております。 全国書店などで既に発売になっておりますので、是非お買い求めください。 『美術手帖』2012年8月号 発行:美術出版社 定価:1600円(税込) 発売日:2011/07/16 造本・体裁:A5判 ページ数:214ページ

Outside the Garden: 阿部真琴 / 椛田有理 / 佐東恵

2011/07/21

Outside the Garden: 阿部真琴 / 椛田有理 / 佐東恵

展覧会情報: この度、アートフロントギャラリーでは「Outside the Garden」題し、シリーズ1回目の原田郁・竹中美幸展に引き続き、阿部真琴・椛田有理・佐東恵によるグループ展を開催いたします。 会期:7月29日(木)~8月14日(日) 時間:11:00~19:00 (月曜休廊) 場所:アートフロントギャラリー オープニングレセプション:7月29日(金)18:00~20:00 椛田有理公式ホームページ

Inside the Garden: 原田郁 / 竹中美幸展

2011/07/05

Inside the Garden: 原田郁 / 竹中美幸展

この度、アートフロントギャラリーでは「Inside the Garden」と題して、二人の若手作家、原田郁・竹中美幸の新作展を開催致します。 会期:7月12日(火)~7月27日(水) 営業時間:11:00~19:00 (月曜休廊) 会場:アートフロントギャラリー オープニングレセプション:7月12日(火)18:00~20:00 竹中美幸公式ホームページ 原田郁公式ホームページ

竹中美幸表紙掲載 art_icle7・8月合併夏号

2011/07/01

竹中美幸表紙掲載 art_icle7・8月合併夏号

7月10日に発行されるフリーのアート雑誌「art_icle」の7・8月合併夏号の表紙を、7月12日より当ギャラリーで展覧会を開催する竹中美幸が飾っております。 第4回アーティクル賞において準グランプリを受賞したのを記念し、竹中の特集ページも掲載されております。 art_icleは美術館、コンサートホール、ギャラリーなどで配布されております。 ぜひお手にとってご覧ください。 当ギャラリーでは7月12日より「Inside the Garden」と題し、竹中美幸・原田郁の2人展を開催致します。 展覧会に関する詳しい情報は、こちらをご覧ください。

椛田ちひろ - 目をあけたまま閉じる

2011/06/21

椛田ちひろ - 目をあけたまま閉じる

この度アートフロントギャラリーでは椛田ちひろの個展「目をあけたまま閉じる」を開催致します。 東京都現代美術館で今年の5月8日まで開催された「MOTアニュアル2011:Nearest Faraway 世界の深さのはかり方」への出品も記憶に新しい彼女のMOT後初の新作個展となります。 これまでの作風に新たな展開が加わり、ますます深みと広がりが発見できるはずです。 会期:6月17日(金)~7月10日(日) 営業時間:11:00 - 19:00 (月休) 会場:アートフロントギャラリー 協賛:株式会社カシマ オープニングレセプション:6月17日(金)18:00~20:00 作家公式ホームページ 2011年「MOTアニュアル2011:Nearest Faraway 世界の深さのはかり方」公式サイト(東京都現代美術館)

レアンドロ・エルリッヒ Paris-Delhi-Bombayに参加

2011/05/18

レアンドロ・エルリッヒ Paris-Delhi-Bombayに参加

パリ・ポンビドゥーセンターにて開催されるグループ展に、レアンドロ・エルリッヒの新作が展示されています。 この展覧会は、インドの現代アートとフランスの現代アートシーンとの対話によって構成されるものですが、今回エルリッヒは、 著名なパリのデザイナーであるジャック・グランジュによって装飾されたフランス風の寝室の中で、インスタレーション「La Regard」を展開しています。 ヨーロッパへ訪れる機会がありましたら、是非ご来場ください。 「Paris-Delhi-Bombay」 会期:5月25日(水)~9月19日(月) 開館時間:11:00~21:00 会場:ポンピドゥー・センター(パリ) この展覧会に関する詳しい情報は公式HPをご覧ください

大岩オスカール参加 昭和40年会 ウィー・アー・ボーイズ!

2011/05/18

大岩オスカール参加 昭和40年会 ウィー・アー・ボーイズ!

ドイツ、クンストハーレ・デュッセルドルフにて開催中の「ウィ―・アー・ボーイズ!」展にて、大岩オスカールの作品が展示されています。 昭和40年生まれの作家たちによって構成される昭和40年によるグループ展になります。 ヨーロッパへお越しの際は、ぜひご来場ください。 「昭和40年会ウィ―・アー・ボーイズ!」 会期:5月21日(土)~7月3日(水) 開館時間:11:00~18:00(月休) 会場:クンストハーレ・デュッセルドルフ Grabbeplatz D-40213 Dusseldorf Germany 出品作家:会田誠、有馬純寿、大岩オスカール、小沢剛、パルコキノシタ、松蔭浩之 問い合わせ: +49 (0)211 - 89 962 43 +49 (0)211 - 89 962 43

竹中美幸 第4回アーティクル賞準グランプリ受賞

2011/05/16

竹中美幸 第4回アーティクル賞準グランプリ受賞

2006年12月に創刊したアート情報誌「art_icle」が、年令・ジャンルを問わず、広くアーティストを発掘し育てていくことを目的とし創設した「アーティクル賞」。 その第4回目となる今回、当ギャラリーとも関わりの深い作家・竹中美幸が準グランプリを受賞しました。 総勢240名もの応募の中から一次審査を通過した19名の作家による入選者展覧会兼審査会(ターナーギャラリー)を経て選出されたそうです。 この様子は、5月25日より発行されているart_icle 6月号にてレポートされており、他の入選作家の作品もご覧になれます。 また、準グランプリ受賞に伴い次号7月号では竹中美幸の特集が掲載される予定です。 art_icleは美術館、コンサートホール、ギャラリーなどで配布されております。 ぜひお手にとってご覧ください。 当ギャラリーでは7月12日より竹中美幸・原田郁の2人展 を開催致しますので、ぜひそちらもご期待下さい。 写真:鮮やかな残像 2011年 アクリル板、水彩紙、樹脂、ガッシュ、水彩、蜜蝋、パステル、墨1240×1240mm

浅見貴子、北城貴子ら参加  大原美術館コレクションテーマ展

2011/05/14

浅見貴子、北城貴子ら参加  大原美術館コレクションテーマ展

大原美術館の別館、児島虎次郎記念館にて開催される「酒津の光児島虎次郎とARKOの作家たち」に、当ギャラリーとも関わりの深い浅見貴子、北城貴子の作品が展示されます。 こちらの展覧会は、大原美術館所蔵の作品を様々なテーマによって紹介する企画コレクション展の33回目になり、児島虎次郎と大原美術館によるアーティスト・イン・レジデンス・プログラム ARKO(Artist in Residence Kurashiki, Ohara)の招へい作家が、倉敷市酒津の無為村荘や周辺の光景を描いた作品を一堂に鑑賞できるものになっています。 ぜひ御来場、御高覧ください。 コレクションテーマ展33 「酒津の光 児島虎次郎とARKOの作家たち」 会期:2011年5月19日(木)~9月4日(日) 開館時間:9:00~17:00(入館は16:30まで) 会場:児島虎次郎記念館(大原美術館別館) 〒710-0054 岡山県倉敷市本町7-1 倉敷アイビースクエア内 www.ivysquare.co.jp/ 料金:一般 1300円、大学生 800円、高・中・小学生 500円 *上記入館料で、本館、分館、工芸・東洋館もご覧いただけます。 問合せ先:大原美術館 〒710-8575 岡山県倉敷市中央1-1-15 TEL 086-422-0005 FAX 086-427-3677

新緑とともに<絵画散歩>

2011/04/14

新緑とともに<絵画散歩>

【会期】 4月15日(金)~5月8日(日) 【営業時間】 11:00 - 19:00 (月休). 【会場】 アートフロントギャラリー バルセロナの版元で制作された「ポートフォリオ/ガレリア ジョアン プラッツ 1976-1988」のなかから、20世紀の巨匠たちのオリジナル・リトグラフやエッチング、昨年から今年にかけてアートフロントギャラリーで個展を開催した現在活躍中のアーティストの絵画など、自然をテーマにした洗練された作品群が、私たちに新鮮な驚きを与えてくれます。 作品展示作家: エドアルド・チリダ、クリスト、ホアン・ヘルナンデス・ピジュアン、ケネス・ノーランド、アントニ・タピエス、ツーゼ・マイヤー 中岡真珠美、阪本トクロウ、山本晶、竹中美幸、日比野充希子、西澤利高、祐成勝枝、浅見貴子 写真:中岡真珠美「a-round arch」 2008, 1120×1910mm キャンバスにアクリル ※今回特集している作品の他にも、多くの作品をご紹介しております。 お気軽にお立ち寄り下さい。

蔡國強、遠藤利克ら参加 熊本市現代美術館にて"水・火・大地"展開催

2011/03/29

蔡國強、遠藤利克ら参加 熊本市現代美術館にて"水・火・大地"展開催

熊本市現代美術館にて開催される、「水・火・大地創造の源を求めて」展に、当ギャラリーとも関わりの深い、蔡國強、遠藤利克の作品が展示されます。 「水・火・大地」展は、2011年春の九州新幹線開通を記念して、熊本にゆかりのある水(豊かな地下水)・火(阿蘇・不知火)・大地をテーマとした展覧会です。今回の8名の出品作家(杉本博司、遠藤利克、千住博、淺井裕介、蔡國強、リチャード・ロング、ディヴィッド・ナッシュ、アンディー・ゴールズワージー)は、自然との深い関わりの中で作品を生み出してきました。それらは謙虚でささやかでありながらも力強く、世界の創世まで思いを馳せる雄大なスケールを見せています。なかでもイギリスの作家達は、手と足を使ったライフ・サイズの行為を通して、忘れかけた自然の夢とロマンを呼び起こしてくれます。自然に向き合うアーティストたちの多様な表現をお楽しみください。 5月1日(日)には遠藤利克によるアーティストトークも開催されます。 この機会にぜひ御来場、御高覧ください。 ------------------------------------------------------------------------ 【展覧会情報】 展覧会期:2011年4月9日(土)~6月12日(日) 休館日:火曜日 *ただし5/3(火・祝)は開館 開館時間:10:00~20:00(展覧会入場は19:30まで) 観覧料:一般1000(800)円、高・大学生500(400)円、小・中学生300(200)円、熊本市・福岡市・鹿児島市内小・中学生は無料(要名札) ( )は前売り、20名以上の団体、身体障害者手帳等をお持ちの方、熊本市・福岡市・鹿児島市民で65才以上の方。 会場:熊本市現代美術館 企画展示室Ⅰ・Ⅱ 主催:熊本市、熊本市美術文化振興財団、熊本日日新聞社、テレビ熊本 後援:熊本県、熊本県教育委員会、熊本市教育委員会、熊本県文化協会、熊本県美術家連盟、NHK熊本放送局、熊本国際観光コンベンション協会、エフエム熊本、FM791、JCN熊本 協力:財団法人国際文化カレッジ、Cai Studio お問い合わせ:熊本市現代美術館 TEL:096-278-7500、096-278-7500 FAX:096-359-7892 http://www.camk.or.jp 【アーティストトーク】 5月1日(日) 遠藤利克 ■時間 14:00~15:30 ■場所 ホームギャラリー ■料金 無料

浅見貴子展 -光合成-

2011/02/16

浅見貴子展 -光合成-

@アートフロントギャラリー 近年ますます美術館での活動も活発な浅見貴子の新作個展を開催します。 東京のギャラリーとしては2007年にアートフロントで個展を開催してから 渡米を挟み、3年ぶりの新作個展となります。 会期:2011年3月18日(金) - 4月10日(日) 開場時間:3月31日まで11:00~17:00  4月1日以降 11:00~19:00 ※諸事情を鑑み、営業時間を変更しております。ご注意下さい。 ※3/18(金)18:00から予定しておりましたレセプションは

椛田ちひろ:MOTアニュアル参加

2011/02/06

椛田ちひろ:MOTアニュアル参加

@ 東京都現代美術館 「MOTアニュアル」は、東京都現代美術館が、日本/東京の新しい美術をグループ展形式で紹介するものとして、1999年より行っているシリーズ企画です。11回目となる本年は、「Nearest Faraway世界の深さのはかり方」を副題に、6人の作家により構成されています。 出品作家: 池内晶子|椛田ちひろ|木藤純子|関根直子|冨井大裕|八木良太 このグループ展に、椛田ちひろが出展しています。 新作・旧作ともに、広い展示室で、迫力ある作品をご覧いただくことができます。

トーキョーワンダーウォール都庁 2010

2011/02/05

トーキョーワンダーウォール都庁 2010

竹中美幸 作品展示 トーキョーワンダーウォールは、東京都が精力的に行っている文化プロジェクトの一つで、都庁の壁面をこれからの美術を担う新進気鋭作家の作品発表の場にと、2000年(平成12年)に誕生しました。2010年度は、平面作品応募者1,034名のうち、トーキョーワンダーウォール大賞(1名)、トーキョーワンダーウォール審査員長賞(1組)及びトーキョーワンダーウォール賞(10名)を受賞した12名の作家が、順次月替わりで展示を行っています。今月の展示は竹中美幸さん(トーキョーワンダーウォール賞受賞)の展示となり、現在、開催中です。 ぜひ御来場、御高覧下さい。 開催日時2011年3月2日(水)~24日(木) 9:00~17:30 会場 東京都庁第一本庁舎3階南側空中歩廊(EまたはFのエレベーターをお使い下さい) 最寄駅 JR新宿駅(西口から徒歩10分)、都営地下鉄大江戸線都庁前駅 お問い合わせ先 東京都生活文化局文化振興部文化事業課 TEL: 03-5388-3067 ※土日祝日は御覧になれません。 ※16日(水)12:15~13:00のギャラリートークは地震の影響により、中止となりました。 御理解賜りますよう宜しくお願い申し上げます。 > 竹中美幸のプロフィールや作品については、こちらを御覧下さい。

船田玉樹「花の夕」

2011/01/24

船田玉樹「花の夕」

東京国立近代美術館で1/8~2/13まで開催されている『「日本画」の前衛』展に船田玉樹の屏風作品等が出品されています。 同展のポスターにもなっている「花の夕」(1938年)など貴重な作品を見ることができます。ぜひこの機会にお出かけください。 会期:2011年1/8(金)~2011年2/13(日)※月曜(1/10は開館)、1/11は休館 開館時間:10:00-17:00 (金曜日は10:00-20:00まで) ・船田玉樹作品 http://artfrontgallery.com/artists/cat65/

トップに戻る