ニュースNews

小川剛 - Prismatic the diffusion  at Anjin

2013/12/23

お知らせ

小川剛 - Prismatic the diffusion at Anjin

代官山 蔦屋書店2階での特別展示として小川剛の作品展示を行います。 惑星や宇宙的イメージを思わす小川剛の作品は、偏光フィルムの特質を巧みに扱い、 硬質な光の美しさと柔らで有機的にも思える光の美しさをオブジェとして形にします。 光の幻惑的な魅力に満ちた空間をどうぞお楽しみください。 2013年12月7日(土) - 1月26日(日) / 蔦屋書店2号館 2階 Anjinフロア

年末年始のお知らせ

2013/12/20

お知らせ

年末年始のお知らせ

平素よりアートフロントギャラリーにお越しいただき誠にありがとうございます。 勝手ながら2013年12月23日(月)から2013年1月9日(木)まで年末年始の休廊とさせて頂きます。 新年は2014年1月10日(金)より角文平個展「SCAPE」を開催いたします。 新年もどうぞよろしくお願い申し上げます。 尚、会社業務は12月27日(金)まで、年明けは1月6日(月)から行っております。 ご用の方はアートフロントギャラリーの事務所(03-3476-4868)までご連絡ください。 皆様よいお年をお迎えください。

ヒカリエ アートフェア

2013/12/10

作家情報

ヒカリエ アートフェア

この度、渋谷ヒカリエ8階8/COURT CUBE1,2,3では「HIKARIE Xmas ART FAIR」を開催致します。 アートフロントギャラリーからは、小田 薫、竹中美幸、藤堂(藤堂良門)、中岡真珠美の作品を出品します。 2012年春の誕生以来、良質なアートコンテンツを発信してきた8/が、クリスマスシーズンにぴったりのアートを集めてご紹介します。初めてアートを購入する方にも安心して選んでいただける、オープンなアートフェアにご来場ください。 ・ヒカリエ アートフェア  会期:2013年12月13日(金) - 12月25日(水) 11:00~20:00 会場:渋谷ヒカリエ8階 8/COURT CUBE1,2,3 150-8510 東京都渋谷区渋谷2-21-1 渋谷ヒカリエ8F 作品ガイドツアー: 12月15日(日) 15:00~16:00  申込不要、参加無料、時間までに8/COURT前にお越しください。

大巻伸嗣 at 栗林公園

2013/11/30

作家情報

大巻伸嗣 at 栗林公園

12月1日まで 一年間、四季折々の表情を織り込んだ「瀬戸内国際芸術祭2013」は無事に会期を終えました。 高松の栗林公園では、引き続きアートフロントギャラリーの関連作家、大巻伸嗣の栗林公園・北庭完成100周年記念事業として展示しているインスタレーションはご覧いただけます。 11/22(金)~12/1(日)の期間、21時まで庭園のライトアップを実施しています。 紅葉に彩られる栗林公園とともにインスタレーションをお楽しみいただけますので この機会にどうぞ。

角文平・吉田夏奈 トーク 

2013/10/08

作家情報

角文平・吉田夏奈 トーク 

10/13(日) 猿楽祭2013 特別企画 アートフロントギャラリーは猿楽祭2013 特別企画として、ヒルサイドテラスA 棟2F にて、現在開催中の瀬戸内国際芸術祭 関係作家を中心に 2日間の特別企画展「小さなアートコレクション展」を開催し、代官山T サイトAnjin ラウンジ内にも瀬戸内国際芸術祭 特設コーナーを設置します。 また、関連企画として、13 日は話題の若手作家、角文平さんと吉田夏奈さんのお二人をお招きし、ご自身の作品を前に制作のお話や最近のご活躍について語って頂きます。 アーティストトークの後は、作家との懇親会としてミニパーティを予定しています。軽食やワインなどをご用意致しますので、秋の昼下がりにゆったりとした時間をお楽しみ下さい。 皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。 日時:2013 年10 月13 日(日)15:00~17:00 場所:アートフロントギャラリー 渋谷区猿楽町29-18 ヒルサイドテラスA 棟2F TEL:03-3476-4868 (担当;細谷) 会費:2000 円 (中学生以下無料) 募集定員:30 名(事前申込制) 10 月13 日のアーティストトークへ参加をご希望の方は、TEL(03-3476-4868)にてお申し込み下さい。

竹中美幸-闇で捕えた光

2013/08/20

展示会情報

竹中美幸-闇で捕えた光

8/30 - 9/15 このたびアートフロントギャラリーにおいて竹中美幸の個展を開催します。これまでアクリル樹脂を使った透明感のある作品で人気の竹中は、このたび新たに35㎜フィルムを使った新作を発表。光の折り重なる層の向こうに見えてくる「何か」を追い求めて新らたな作風を編み出しています。 日程 8月30 日(金) - 9月15日(日)  営業時間  11:00~19:00 (月休) 会場: アートフロントギャラリー(代官山)  オープニングレセプション: 8月30日(金)18:00-20:00  また、7月22日(月)-9月15日(日)にはギャラリーからほど近い代官山 蔦屋書店2号館2階ラウンジAnjinでも展示しております。

市原湖畔美術館オープン

2013/08/03

市原湖畔美術館オープン

記念企画展「磯辺行久」 千葉県「市原市水と彫刻の丘」が約2年の改修工事を経て この夏、「市原湖畔美術館」としてリニューアルオープンします。 オープニング記念企画展 「磯辺行久-環境・イメージ・表現-」 2013年8月3日(土)-11月4日(月祝) 市原湖畔美術館(千葉県市原市不入75-1) 詳しくはこちらをご覧ください。 【同時開催】 「磯辺行久-その表現の源泉」展 2013年8月9日(金)-8月25日(日)*月曜および8/15-8/19休み アートフロントギャラリー(東京都渋谷区猿楽町29-18ヒルサイドテラスA棟) 詳細はこちらをご覧ください。

磯辺行久 ― その表現の源泉

2013/08/01

展示会情報

磯辺行久 ― その表現の源泉

8/9‐8/25 アートフロントギャラリー(代官山)にて磯辺行久展を開催いたします。 磯辺 行久個展「その表現の源泉」 会期: 8月9日(金) - 8月25日(日) 時間: 11:00 ~ 19:00、月曜休廊、8/15 -19 夏季休廊 会場: アートフロントギャラリー (代官山) 【同時開催】 オープニング記念企画展 「磯辺行久 -環境・イメージ・表現-」 2013年8月3日(土)-11月4日(月祝) 市原湖畔美術館(千葉県市原市不入75-1) 詳しくはこちらをご覧ください。

大巻伸嗣 at 栗林公園

2013/07/20

作家情報

大巻伸嗣 at 栗林公園

瀬戸内国際芸術祭関連企画 アートフロントギャラリーの関連作家、大巻伸嗣が栗林公園・北庭完成100周年記念事業として作品を制作。1899年に建てられた商工奨励館において布を使って光や音とともに空間を体感させるインスタレーションを展開します。 瀬戸内国際芸術祭の関連事業として7/20よりオープン。 ■会場: 栗林公園 商工奨励館、香川県高松市栗林町1‐20-16 ■会期/時間:2013年7月20日(土)~12月1日(日) 9:00-17:00 ※特別内覧会を7月19日(金)19:00-21:00に開催いたします。 ※栗林公園納涼庭園の期間中(8月9日から17日まで)21時まで延長して公開 ■料  金:栗林公園入園料のみ(大人400円、小人170円) 栗林公園および記念アートイベントに関する詳しい情報はこちらをご覧ください。 写真(C)Shinji Ohmaki Studio ※実際の作品は風や音、光で変化するものなので写真とは異なります。

瀬戸内国際芸術祭 2013

2013/07/19

お知らせ

瀬戸内国際芸術祭 2013

夏会期 7/20-9/1 春会期は4/21日に終了しましたが、 沙弥島での展示終了作品を除き、7月20日オープンの夏会期前にも 週末を中心に多くの作品をご覧いただけます。 夏会期は2013年7月20日(土)より9月1日(日)まで。 オスカール大岩の新作がいよいよ伊吹島で公開されるなど見どころいっぱいです。  本年の芸術祭の会期は、春・夏・秋の3シーズンに分かれています。

元田 久治 個展 - 東京

2013/06/10

展示会情報

元田 久治 個展 - 東京

6/21-7/14 アートフロントギャラリー(代官山)にて元田久治展を開催いたします。東京をテーマに製作された新旧の作品にフォーカスします。 元田久治個展 「東京」 会期: 6月21日(金) - 7月14日(日) 時間: 11:00 ~ 19:00、月曜休廊 会場: アートフロントギャラリー (代官山) オープニングレセプション: 6月21日(金) 18:00~20:00

吉田 夏奈 個展

2013/05/15

展示会情報

吉田 夏奈 個展

5/24~6/16 アートフロントギャラリーでは吉田夏奈の個展を代官山にて開催致します。 吉田夏奈個展 会期: 5月24日(金) - 6月16日(日) 時間: 11:00 ~ 19:00、月曜休廊 会場: アートフロントギャラリー (代官山) オープニングレセプション: 5月24日(金) 18:00~20:00 また、6月4日(火)-7月21日(日)には、ギャラリーからほど近い、代官山 蔦屋書店2号館2階 ラウンジAnjinでも展示致します。

ジャウマ・アミゴー 展 at BIENA Art Space

2013/04/15

お知らせ

ジャウマ・アミゴー 展 at BIENA Art Space

4/27- 6/24 BIENA ART SPACEオープン この度4月27日(土)にオープンする積水ハウス㈱渋谷展示場ビエナ青山コレクション1階に新しいギャラリー「BIENA ART SPACE」がオープンいたします。 このスペースは住宅展示場の新しい試みとして、文化の発信拠点としての顔を持ちつつ、より魅力的なコミュニケーションの場を作り上げていこうとするものです。 アートフロントギャラリーの企画による個展と常設展を組み合わせながら、同時代のアーティストの作品を紹介し、より多くの人々に開かれた新しいアートスペースのかたちを目指します。 オープン記念企画展覧会としてバルセロナ在住のアーティスト・ジャウマ・アミゴーの展覧会を開催いたします。

VOCA2013

2013/03/10

お知らせ

VOCA2013

VOCA展2013開幕 時代を代表する平面作品を集めた展覧会、 VOCA2013(The Vision of Contemporary Art 2013)がいよいよ開幕。 昨年の椛田ちひろ、竹中美幸に続き 今年もアートフロントギャラリーで定期的に作品を発表する 北条貴子と今年の5月末に展覧会を開催予定の吉田夏奈が、 新作を発表しています。 名称:VOCA展2013 現代美術の展望─新しい平面の作家たち 会場:上野の森美術館 会期:3/15(金)- 3/30(土) 休館:会期中無休 開館時間:10:00~18:00 ※入館は閉館の30分前まで 観覧料:一般・大学生500円 高校生以下無料

CCC AWARDS大賞

2013/03/01

お知らせ

CCC AWARDS大賞

角文平 大賞 受賞 新進気鋭のアーティストから立体アート作品案を募集し、受賞者の作品をCCCの新オフィス(コミュニティフロア)に1年間展示する公募プログラムです。2012年11月30日作品プラン応募締切、12月上旬の審査会で200の作品公募より8作品が選ばれました。 審査員による議論の末、角文平さんが大賞を受賞しました。 角さんは3月20日開幕の瀬戸内国際芸術祭では男木島にて作品を展開、 http://setouchi-artfest.jp/ アートフロントギャラリーでも7月に個展を開催する予定です。 CCC AWARDS展 日時:2013年3月9日(土)~ 3月11日(月) 11:00-19:00、会期中無休 会場:代官山 Tサイト ガーデンギャラリー 〒150-0033 東京都渋谷区猿楽町16-15 CCCアワード大賞発表+オープニングレセプション:3月9日(土)11:00 ~ 11:30 お問い合わせ:CCC AWARDS展 事務局 Tel: 03-6800-3570 出品作家: 浅見和司 角文平 nisai/熊谷信夫 three 澁木 智宏 新野洋 田中圭介 田中哲也 会期は3日間と短いですが、ぜひお立ち寄りください。

畠山 耕治 個展

2013/03/01

展示会情報

畠山 耕治 個展

3/15~3/31 この度、アートフロントギャラリーでは畠山 耕治個展「青銅-壁と器」をアートフロントギャラリーにて開催致します。 畠山耕治 - 青銅-壁と器 会期: 3月15日(金) 18:00 - 3月31日(日) 時間: 11:00 ~ 19:00、月曜休廊 (15日はレセプション時より開催) 会場:アートフロントギャラリー (代官山) オープニングレセプション: 3月15日(金) 18:00~20:00

大巻 伸嗣 個展 at Art Front Gallery

2013/02/10

展示会情報

大巻 伸嗣 個展 at Art Front Gallery

代官山にて 2/22 - 3/10 この度、アートフロントギャラリーでは大巻伸嗣個展「constellation - traces in memories」を代官山に位置するアートフロントギャラリーにて開催致します。 大巻伸嗣 : constellation - traces in memories 会期: 2月22日(金) - 3月10日(日) 時間: 11:00 ~ 19:00、月曜休廊 会場: アートフロントギャラリー (代官山) 一部インスタレーションは3月3日までの展示となります

日本の手技:伝統と革新

2013/02/01

お知らせ

日本の手技:伝統と革新

蔦屋書店anjin にて特別展 代官山蔦屋書店2号館2階のカフェスペース「anjin」にて特別展示「日本の手技:伝統と革新」を開催中です。 日本美術工芸の粋は、素材への慈しみと修練し磨き抜かれた手仕事。 伝統を重んじながらも新しい時代の精神に充ち溢れた現代的表現の展覧。 畠山耕治 竹内鉱三、家住利男 今回は、日本の伝統的な技法に裏付けながらも、その表現方法として鋭く現代的な感性を持つ作家に焦点をあてた特別展です。様々な現代作家が技法としてのコアを踏襲しつつ、同時代の空気を前提として作品を通じて表現をしています。 日本の手技:伝統と革新 出展作家:畠山耕治、竹内鉱三、西澤利高、東端唯、家住利男、所志帆、安斉賢太 会期:2013年3月1日(金)~4月22日(月) 会場:蔦屋書店2号館2階 Anjin 時間:9時~26時 無休 アートフロントギャラリーでは3月15日(金)より畠山耕治展、そして4月より竹内鉱三展が開催されます。特別展会期中の3月から4月にかけて当ギャラリーでの個展開催作家の最新作も展示予定です。 代官山蔦屋書店anjinはアートフロントギャラリーから徒歩3分の場所に位置しています。 anjinへのアクセスや営業時間は公式ウェブサイトをご覧ください。

小野 耕石 個展

2013/01/25

展示会情報

小野 耕石 個展

2/1 - 2/17 この度、アートフロントギャラリーでは小野耕石個展「Multiples」を開催致します。 小野耕石 - Multiples 会期: 2月1日(金) -2月17日(日) 時間: 11:00~19:00※月曜休廊 会場: アートフロントギャラリー オープニングレセプション: 2月1日(金)18:00~20:00 小野耕石は手書きで書いた点を版として用いて、その点にスクリーンプリントで100回以上様々な色を刷り重ね、インクの層を積みあげる手法によって作品を作ります。 今回のアートフロントギャラリーでの展覧会は、インクの柱、その見え方の変化、増殖するように広がる組合せのパターンを重視した展覧会となります。 前回の「削柱移植」から約1年3ヶ月ぶりのアートフロントギャラリーでの展覧会です。ぜひご期待ください。

大巻 伸嗣 個展 at ヒカリエ

2013/01/20

展示会情報

大巻 伸嗣 個展 at ヒカリエ

2/6 - 2/18 この度、アートフロントギャラリーでは大巻伸嗣個展「More Light」を渋谷ヒカリエにて開催致します。 大巻伸嗣 - More Light 会期: 2月6日(水) 17:00 - 2月18日(月) 時間: 11:00 ~ 20:00、会期中無休 会場: 渋谷ヒカリエ 8F CUBE オープニングレセプション: 2月6日(水)18:00~20:00                  ※18時半よりアーティストトークを予定

アートステージ・シンガポール 2013

2013/01/15

お知らせ

アートステージ・シンガポール 2013

アートフェアに参加 アートフロントギャラリーはシンガポールで行われるアートフェア「Art Stage Singapore2013」に参加します。今回のアートフェアでは、大巻伸嗣の特別展ブースとアートフロントギャラリー関係作家である椛田ちひろ、角文平そして大巻伸嗣の作品展示の2つのブースに分けて作品をお見せします。 Art Stage Singapore 2013 日程: 2013年1月24日(木)~1月27日(日) 会場: the Marina Bay Sands Convention and Exhibition Center アートステージ・シンガポール2013の詳しい情報はこちらをご覧ください。 大巻伸嗣、インスタレーション「Liminal Air - Space ?Time」のためのプラン・ドローイング、2012年 現在の日本のアートシーンを代表する気鋭のアーティスト大巻伸嗣。昨年初めにはシンガポールのエルメスや、昨夏にシンガポール国立美術館でのグループ展にて紹介されました。今回のために制作するインスタレーションでは、大巻さんは一般には未発表の作品の準備をしています(画像上)。緩やかに波立つ布はシンガポールの波浪を思い起こさせるでしょう。別ブースに展示するカラフルな作品や繊細な白を基調とした作品同様、このサイトスペシフィックな作品はシンガポールの観客にとって初となる販売可能な作品としてお見せします。 2月には渋谷ヒカリエおよびアートフロントギャラリーの2会場にて個展を予定しています。 詳しくはこちらをご覧ください。 椛田ちひろ 「たっぷりと星の重みを背負った夜」インクジェット紙にボールペン、915 x 915mm、 2012年 椛田ちひろ 「たっぷりと星の重みを背負った夜 2」インクジェット紙にボールペン、915 x 915mm、 2012年 昨秋にアートフロントギャラリーにて個展「世界は鏡を通過する」が記憶に新しい椛田ちひろの作品は、鏡のような効果を持つイリュージョンを創りだすために鏡やボールペンを用います。シンガポールではラサール芸術大学ICAS(Institute of Contemporary Arts Singapore)での個展など複数の個展を通して紹介されています。 角文平 「空中都市」鉄、木、鉛、 2000 x 700 x 1850mm、2010年 角文平は造形的な立体作品を制作する作家です。 1つの作品を制作するために異なる素材とテーマを組み合わせ、私たちが既に知っている日常のものとを組み合わせることによって新たな意味を与えています。角さんは2013年に開催される瀬戸内トリエンナーレでも参加します。 瀬戸内トリエンナーレの詳細はこちらをご覧ください。

田中 芳 個展

2013/01/03

展示会情報

田中 芳 個展

1/23 ~ 2/4 この度アートフロントギャラリーでは、アートフロントギャラリーおよび渋谷ヒカリエの2会場にて、田中 芳個展「けれども、たしかにある光」を開催致します。 田中 芳 - けれども、たしかにある光 ・アートフロントギャラリー 会期: 2013年1月11日(金) - 1月27日(日) 時間: 11:00~19:00 (1月14日(祝)含め月曜休廊) ・渋谷ヒカリエ 8F CUBE 会期: 2013年1月23日(水) -2月4日(月) 時間: 11:00~20:00、会期中無休 田中さんは自然をテーマに、大胆な構図で、庭、植物、水面、月などを描き、 銀箔を用いた洗練された作風で高い評価と注目を集めています。 近年は、抽象化された一本の繊細な線で独自の世界観を表現しています。 今回のリーフレットでは、越後妻有アートトリエンナーレや瀬戸内国際芸術祭の総合ディレクターを務める北川フラムによる寄稿文を載せています。 どうぞご期待ください。 1月26日(土)より田中 芳 作品集 「けれども、たしかにある光」を販売いたします。 25年の画業を集大成した作品集です。 A4変形版、60ページカラー お問い合わせはアートフロントギャラリーまで(03- 3476-4869) *25日(金)までギャラリーにて作品集の予約を受け付けています。送料込の特別予約価格2100円(税込)。  26日より両会場にて税込1890円にて販売いたします。

トップに戻る