ニュースNews

田中望「アートみやぎ 2019」@宮城県美術館

2019/02/16

作家情報

NEW

田中望「アートみやぎ 2019」@宮城県美術館

田中望が、2月23日(土)より仙台市の宮城県美術館にてグループ展「アートみやぎ2019」に参加します。 宮城県内に在住または出身のアーティストを対象とし、近年、個展やグループ展等でめざましい発表活動を行い、独自の表現を提示したアーティストの作品展示です。 5人のアーティストの創作活動を紹介し、宮城をめぐる今日の美術の状況を提示します。 田中望については こちら ■アートみやぎ2019 会期:2019年2月23日(土)~4月7日(日) 開館時間:9:30~17:00(発券は16:30まで) 休館:月曜日 当日券料金:一般800円、学生600円、高校生以下無料 会場:宮城県美術館(〒980-0861 仙台市青葉区川内元支倉34-1)

河口龍夫 作品紹介01 : 「大地と水と植物」展 、2003

2019/02/15

展示会情報

NEW

河口龍夫 作品紹介01 : 「大地と水と植物」展 、2003

現在、個展「関係―中原佑介、あるいは創造としての批評」を開催中の河口龍夫ですが、アートフロントギャラリーとの協働は、80年代に遡ります。以来現在に至るまで、ファーレ立川パブリックアート、越後妻有アートトリエンナーレ、奥能登国際芸術祭等、地域にも遠くからの来場者にも記憶に残る印象的な作品を手がけてきました。ここでは、作品紹介と称して、過去の展覧会をご紹介いたします。

大巻伸嗣 in YOKOHAMA DANCE COLLECTION 2019

2019/01/31

作家情報

大巻伸嗣 in YOKOHAMA DANCE COLLECTION 2019

大巻伸嗣が横浜ダンスコレクション2019にて、イスラエル出身の振付家・ダンサー、エラ・ホチルドの新作『Futuristic Space』の美術を担当しています。 振付家、ダンサー、そして領域を横断して活動するアーティストのエラ・ホチルド。森山未來と共同振付した『JUDAS, CHRIST WITH SOY』は、HONMOKU AREA-2(2015年)、横浜赤レンガ倉庫1号館(2017年)で上演され、大きな話題を呼んだ。インバル・ピント&アブシャロム・ポラック・ダンスカンパニー、バットシェバ舞踊団でダンサーとして活躍した後、2010年以降、自身の身体言語をつくりあげ、多様なアーティストとの共同製作に取り組んでいる。彼女の作品は、ダンス、美術、音楽の調和が特徴だ。オープニングを飾るのは、世界初演の『Futuristic Space』。物語の舞台は数千年後の未来。大きな災害が起きた後に生き残り、構築される社会のイメージや、自然と対峙する人類の弱さに迫る。舞台上では、大巻伸嗣の『Liminal Air-Space-Time』が融合する。 大巻伸嗣の作品はこちら エラ・ホチルドと大巻伸嗣の対談記事はこちら(natalieより) ■Futuristic Space 振付・演出:エラ・ホチルド 美術:大巻伸嗣 音楽:ゲルション・ヴァイセルフィレル 出演:大宮大奨、笹本龍史、鈴木竜、湯浅永麻、ミハル・サイファン 1.31 [thu] 19:302.1 [fri] 19:30 2.2 [sat] 15:00 2.3 [sun] 15:00 会場:横浜赤レンガ倉庫1号館 3Fホール YOKOHAMA DANCE COLLECTIONウェブサイト photo: Liminal Air Space-Time SUIKYO, 2018, ©︎Shinji Ohmaki Studio

特別展示「SLIDER  - 大人のための遊び場 -」@代官山蔦屋書店

2019/01/21

展示会情報

NEW

特別展示「SLIDER - 大人のための遊び場 -」@代官山蔦屋書店

現在、代官山蔦屋書店では特別展示「SLIDER - 大人のための遊び場 -」展を開催しています。 本や映画、音楽を通してライフスタイルを提案する代官山蔦屋書店は、いわば「大人のための遊び場」のような空間。本展のタイトルは滑り台を意味するスライダー。クリエイティブなことを考えるときの大事なスパイスとなる、遊び心とユーモアをふんだんに詰め込んだ作品を集めました。 現実の世界にあるモノやメカが普段ありえない形でデフォルメされたり、またアイロニーをもって 表現されるとき、我々はその不条理な感覚に笑わずにはいられない時があります。本展ではこれ らシュールな作品を通じて、anjinの知的な空間に寄り添う作家のユーモラスなエスプリを提示します。 ■特別展示「SLIDER - 大人のための遊び場 -」 会期:2019年1月21日(月)~3月中旬(予定) 会場:代官山蔦屋書店 2号館 2階 anjin café 展示作品の販売もございます。 展示作家: 塩澤宏信、田村琢郎、DAISAK、角文平、カネコタカナオ 写真: 田村琢郎 "Pigeon On the Needles" 背の低い僕には厚底を。鳩よけに留まれない鳩にも厚底を。 h285x320x270mm, ミクスト・メディア

トップに戻る