プロジェクトProject

[インタビュー] 金氏徹平:S.F.(Smoke and Fog)
金氏徹平:S.F.(Smoke and Fog)、2021、アートフロントギャラリー

  • [インタビュー] 金氏徹平:S.F.(Smoke and Fog)

サムネイルをクリックすると、拡大表示します。

[インタビュー] 金氏徹平:S.F.(Smoke and Fog)

ギャラリー

現在個展を開催中の金氏徹平に出品作品についてインタビューを行いました。

モノやイメージ、技術、文脈、価値、様々な異なるものを掛け合わせることで作品を作ってきた金氏の2013年から2021年までに制作された様々なシリーズを展開した本展。異なる素材や表現方法の中で、共通しているもの、金氏が常に考えている制作に対するイメージを語っています。


towerの歴史

今回の展示は、towerシリーズ作品と、これまで世界中で行ってきたコラボレーション作品のシリーズで構成しています。

towerシリーズは、2008年頃からいろんな形で作り続けていますが、一番初期のオリジナルに近い形が、今回壁面に展示しているドローイング作品です。最初は僕が一人でスケールを持たない建物、中身がどうなっているのか分からないもののドローイングを描いたところからスタートしました。

このドローイングをもとに、2009年に横浜美術館で個展をしたときに高さ8mくらいの大きなタワーにいろんなものをコラージュしたアニメーション作品《tower(MOVIE)》を制作。その後、2017年にKYOTO EXPERIMENT 京都国際舞台芸術祭で《tower (THEATER)》を舞台上に高さ6mで制作して演劇公演プロジェクトを行ったり、京都芸術センターの中にある喫茶店のキッチンを彫刻作品《tower(KITCHEN)》に作り替えたりと、いろんな形で展開してきました。現在進行形のプロジェクトでは、金沢21世紀美術館の企画でアートバス 《tower (BUS)》も制作しています。

《tower / 2021 #1》2021 紙、ボールペン、鉛筆 350x250mm
初期のオリジナルに近い形で今回新たに制作されたドローイング作品

《Tower (Movie)》2009

《tower (THEATER)》2017 Kyoto Experiment / 2018 六本木アートナイト

《tower(KITCHEN)》2020、京都芸術センター内 前田珈琲 明倫店

このtowerシリーズは、箱状の物や建物に、穴が開いていることでスケールがわからなくなったり、いろんなものが想像できたりする事や、外から来たものと接続されるようなイメージを大事に制作しています。

また11月5日まで開催されている奥能登国際芸術祭でも《tower(SUZU)》をいう作品を制作して、地元の建物に穴のイメージを貼りつけた作品を発表しています。会場のある石川県の珠洲市には、キリコ倉庫(お祭りに使われる巨大な提灯を収納する倉庫)が街中にたくさんあって、地元の人からすると日常に溶け込んでいるのですが、外から来た人にはどんな建物かわからない、大小さまざまなスケールの倉庫がいくつもあって、その事がとても印象的でした。それが非日常と日常を繋ぐ存在として、中が見えない不思議な存在として、僕の作品と繋がるところがあると思い、今回珠洲ではその印象を作品化しています。

《tower(SUZU)》2021、奥能登国際芸術祭2020+

《tower (MARBLE BOX)》2021 UVインクジェットプリント(StareReap 2.5 Print)、大理石 830x430 x430mm

《tower(ALUMINIUM CONTAINER)》2021 UVインクジェットプリント(StareReap 2.5 Print)、アルミニウムコンテナ 785x367x330mm

代官山の展示では2.5次元プリントという新しい印刷技術を用いた新作も展示しています。これは2次元のデータから立体感を読みとって、盛り上がった状態で印刷される技術ですが、完全な3Dでは無く、表面に印刷ができるギリギリの範囲で立体化しているある意味架空の立体感があり、ぺったんこの物とも違う表現になっています。今回それを使った作品が、アルミコンテナと大理石の彫刻towerです。


コラボレーションというコラージュ

僕の共通する手法・考え方にコラージュというのがあって、いろんなものを接続していって作品を作っています。それはモノやイメージだけではなく、技術もそうだし文脈もそうだし価値もそうだし全然違うものを掛け合わせることで何かを作っていくという事だと考えています。そういう意味で、色々なところとのコラボレーションを積極的に行っています。

今回展示しているガラス作品はベネチアのムラーノ島にあるベネチアングラスの工房Berengo studioで制作しました。そこは、様々なアーティストを招待して作品を作るプロジェクトを行っている工房で、これらはそこで制作した作品の一つのシリーズです。以前から、透明なプラスチックやガラスでできたものを集め、組み合わせて作品を作るという事をやっていて、その手法とベネチアングラスを掛け合わせて制作しました。ベネチアングラスでできた外側のドーム、その中に100均だったりとかホームセンターで買ったようなものや包装用のカバーだったりとか、そういう全然違う素材だけれども透明という共通点で繋がっているものを構成した彫刻です。色んなものがレイヤーになって一塊の作品になっています。

ガラス作品《Smoke and fog (Murano)#2》2015 ガラス、ガラス製品、プラスチック製品 280x450x450mm

入れ子状に4つの箱が重なっている作品《Model of Something #7》はアクリルの透明な箱にシルクスクリーンで文様がプリントされています。STPIというシンガポールの版画工房と一緒に作りました。シンガポールは多民族国家でインド系、中国系、マレーシ系、イギリス系、、、いろんな人たちが生活しているのですが、それをイメージして各面に違う民族に由来する文様を刷りました。それが一つに収まる事で、一つの複雑な模様が生まれるし、歩きながら見るとまた違った模様を見ることができます。

2つ目の部屋は全てSTPIで制作した作品で構成しています。

中央の屏風状の作品は、元は壁面のレリーフ作品のモチーフを切り抜いた後の残った材料であり、その後、切り抜いた部分を使ってステンシルの型として別の平面作品をつくる過程で使われ、最後に作品になりました。制作の過程でゴミとして出てきたものが道具に変わって、それが作品になっている、そういう有るものと無いものがどんどん反転していくようなイメージです。

このイメージはtowerの穴もそうですが僕の作品の中で共通するものとしてあります。見る場所だったり、見方だったり、その時代の状況だったり、いろんなことでものの存在する意味だったり価値だったり、そういうものがどんどん入れ替わっていくという事をとても重視しています。

また、これらの作品のイメージは、描かれたモチーフの直接的な意味を重視するのではなく、形として構成していくことによってバラバラの物が一つの塊になっていく、スケールの違うものが一つの塊になるという、そういうことを目指して作った作品です。STPIで制作した作品全般にそうなのですが、「漫画のイメージ=形のないもの」に物質感を与えて、そこから作品を作るという事を考え制作しました。だから、クッションやアクリル板など色んな素材に同じイメージを置き換えています。

s_KNK8946.jpg

s_KNK8964.jpg

s_KNK8919.jpg

s_KNK8982.jpg


違う物質の様なものが混ざっている状況を想像してみる


展覧会や作品に付けているタイトル「Smoke and Fog」(煙と霧)というのは、全く異なるものなんだけれども、似ている。けれどもやはり違うもの。違う物質の様なものが混ざっている。そんな状況を想像してみると、頭の中で面白いことが想像できる。架空のフィクション的な事もそこに含まれているし、現実の素材を使って想像したフィクションだったり、想定するという事、考えるという事が僕の作品全般に共通することだと思っています。

Teppei_Kaneuji_Smoke_and_Fog_(Matrial_Gost)#38_Plastic_products_Readymade_ metal_products_ stone_powder_clay_paints_1.jpg

《Smoke and Fog(マテリアルのユーレイ)#38 》2021 プラスチック製品、金属製品、石粉粘土、塗料 680x330x400mm


《Smoke and Fog(マテリアルのユーレイ)#38 》は、色んなコラボレーションだったり演劇だったりいろいろとやってきた中で彫刻に原点回帰しようと考え展開しているシリーズの一つです。簡単にいうと透明なガラスも一緒なのですが、モノトーンの色んな素材を掛け合わせて彫刻を作る。その中に、モノが元々持っている機能を活かしたり、活かさなかったり。形を関連付けたり、付けなかったり。その中に違和感と調和している部分を考えながら形を作っているという事をやっているシリーズです。この作品にもいくつか穴が開いていますが、穴も金属などの素材と同じでモノトーンの物質として扱っています。

タイトルの中の「マテリアルのユーレイ」というのは、異なる物質が掛け合わさっていくうえで固有の物質感が宙に浮いた状態にならないかなという考えがあって付けています。形の意味だったり用途などを、活かしたり活かさなかったり、という事をしていく中でそれが起こるのではないかと考えています。


金氏徹平の個展「Smoke and Fog」は2021年10月3日(日)まで。
今後も様々な展開を遂げる金氏作品にご注目ください。

アーティスト

関連ニュース

NEW [インタビュー] 金氏徹平:S.F.(Smoke and Fog)
[インタビュー] 金氏徹平:S.F.(Smoke and Fog)
NEW 金氏徹平@エルミタージュ美術館、ロシア
金氏徹平@エルミタージュ美術館、ロシア
NEW いよいよ開幕!奥能登国際芸術祭2020+
いよいよ開幕!奥能登国際芸術祭2020+
NEW 金氏徹平:展示情報 in 東京
金氏徹平:展示情報 in 東京
NEW 金氏徹平 @ 日本橋高島屋、東京
金氏徹平 @ 日本橋高島屋、東京
NEW GW休廊のお知らせ
GW休廊のお知らせ
NEW Artists' Breath―コロナ禍の中、アーティストはいま @ 市原湖畔美術館、千葉
Artists' Breath―コロナ禍の中、アーティストはいま @ 市原湖畔美術館、千葉
NEW 金氏徹平 @ 武蔵野美術大学、東京
金氏徹平 @ 武蔵野美術大学、東京
NEW 金氏徹平『消しゴム山』東京・オンライン公演
金氏徹平『消しゴム山』東京・オンライン公演
NEW 金氏徹平:展覧会情報2020秋
金氏徹平:展覧会情報2020秋
NEW 【10月9日】Art Front Selection 2020 autumn 展示替えにともなう一時休廊のお知らせ
【10月9日】Art Front Selection 2020 autumn 展示替えにともなう一時休廊のお知らせ
NEW Art Front Selection 2020 autumn 猿楽祭特別イベント
Art Front Selection 2020 autumn 猿楽祭特別イベント
NEW 金氏徹平 @ ヨコトリ2020 !
金氏徹平 @ ヨコトリ2020 !
NEW 金氏徹平@金沢21世紀美術館
金氏徹平@金沢21世紀美術館
NEW  瀬戸内国際芸術祭2019:ひろがる秋!
瀬戸内国際芸術祭2019:ひろがる秋!
NEW  瀬戸内国際芸術祭2019:あつまる夏!
瀬戸内国際芸術祭2019:あつまる夏!
NEW 川俣正、磯辺行久、大岩オスカール、金氏徹平@東京都現代美術館
川俣正、磯辺行久、大岩オスカール、金氏徹平@東京都現代美術館
NEW GW休廊のお知らせ
GW休廊のお知らせ
NEW Selected Art Fair 2018 「蒐集衆商」 @ スパイラルガーデン、表参道
Selected Art Fair 2018 「蒐集衆商」 @ スパイラルガーデン、表参道
NEW 作品鑑賞パスポート発売:大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ 2018
作品鑑賞パスポート発売:大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ 2018
NEW Summer Fictionに寄せて - 金氏徹平インタビュー
Summer Fictionに寄せて - 金氏徹平インタビュー
NEW 夏期休廊のお知らせ
夏期休廊のお知らせ
NEW 大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ特別展示@代官山蔦屋書店
大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ特別展示@代官山蔦屋書店
NEW 鬼太鼓座with 清津峡樽ばやし保存会イベント : 「つらなるかたち」展 秋会期オープン
鬼太鼓座with 清津峡樽ばやし保存会イベント : 「つらなるかたち」展 秋会期オープン
NEW 清津倉庫美術館「つらなるかたち」展 夏会期オープン
清津倉庫美術館「つらなるかたち」展 夏会期オープン
NEW アルフレド&イザベル・アキリザン オーディエンス賞受賞
アルフレド&イザベル・アキリザン オーディエンス賞受賞
NEW 清津倉庫美術館
清津倉庫美術館

トップに戻る