ニュースNews

アートステージ・シンガポール 2013

アートステージ・シンガポール 2013

2013/01/15

アートフェアに参加                                                

アートフロントギャラリーはシンガポールで行われるアートフェア「Art Stage Singapore2013」に参加します。今回のアートフェアでは、大巻伸嗣の特別展ブースとアートフロントギャラリー関係作家である椛田ちひろ、角文平そして大巻伸嗣の作品展示の2つのブースに分けて作品をお見せします。

Art Stage Singapore 2013
日程: 2013年1月24日(木)~1月27日(日)
会場: the Marina Bay Sands Convention and Exhibition Center

アートステージ・シンガポール2013の詳しい情報はこちらをご覧ください。


大巻伸嗣、インスタレーション「Liminal Air - Space ?Time」のためのプラン・ドローイング、2012年

現在の日本のアートシーンを代表する気鋭のアーティスト大巻伸嗣。昨年初めにはシンガポールのエルメスや、昨夏にシンガポール国立美術館でのグループ展にて紹介されました。今回のために制作するインスタレーションでは、大巻さんは一般には未発表の作品の準備をしています(画像上)。緩やかに波立つ布はシンガポールの波浪を思い起こさせるでしょう。別ブースに展示するカラフルな作品や繊細な白を基調とした作品同様、このサイトスペシフィックな作品はシンガポールの観客にとって初となる販売可能な作品としてお見せします。
2月には渋谷ヒカリエおよびアートフロントギャラリーの2会場にて個展を予定しています。 詳しくはこちらをご覧ください。


椛田ちひろ 「たっぷりと星の重みを背負った夜」インクジェット紙にボールペン、915 x 915mm、 2012年


椛田ちひろ 「たっぷりと星の重みを背負った夜 2」インクジェット紙にボールペン、915 x 915mm、 2012年

昨秋にアートフロントギャラリーにて個展「世界は鏡を通過する」が記憶に新しい椛田ちひろの作品は、鏡のような効果を持つイリュージョンを創りだすために鏡やボールペンを用います。シンガポールではラサール芸術大学ICAS(Institute of Contemporary Arts Singapore)での個展など複数の個展を通して紹介されています。



角文平 「空中都市」鉄、木、鉛、 2000 x 700 x 1850mm、2010年

角文平は造形的な立体作品を制作する作家です。
1つの作品を制作するために異なる素材とテーマを組み合わせ、私たちが既に知っている日常のものとを組み合わせることによって新たな意味を与えています。角さんは2013年に開催される瀬戸内トリエンナーレでも参加します。
瀬戸内トリエンナーレの詳細はこちらをご覧ください。

詳細はこちら

トップに戻る