展覧会Exhibition

大岩オスカール: 隔離生活

  • 大岩オスカール: 隔離生活

サムネイルをクリックすると、拡大表示します。

大岩オスカール: 隔離生活

2021年2月5日(金) – 3月7日(日)

この度アートフロントギャラリーでは、大岩オスカ-ルの個展を開催致します。
日程 2021年2月5日(金) – 3月7日(日)
営業時間 水~金 12:00-19:00 / 土日 11:00 - 17:00 ※2月11日(木・祝)は12:00-19:00
関連イベント 第13回恵比寿映像祭「映像の気持ち」地域連携プログラム参加 (2/5-21) 
2019年、金沢21世紀美術館で個展《大岩オスカール 光をめざす旅》を開催して15万人の来場者を数えたオスカール。日本だけでなく、ニューヨークやヨーロッパでも根強い人気のアーティストである。

コロナ禍でオスカールは、色彩豊かな油彩とは一線を画した黒白のデジタルドローイングの制作に集中していた。マンションのあるニューヨークのマンハッタンから、橋向こうのロングアイランドにあるスタジオに通うことすら許されない、Quarantine (隔離)生活の毎日。街中から人影が消え、動物や植物だけが不在感を募らせるニューヨーク。予定されていた日本や上海への出張は延期され、そこからオスカールの空想の旅が始まる。昭和の日本映画や大恐慌時代のアメリカなどもノスタルジックに描き続ける。ただし、現実の社会を痛烈に批判することも忘れない。トランプ大統領の横顔にもみえる顔をコジラの光線が射抜いている。オスカールの社会批判眼が健在である証左だ。

2020年の3月から大型のタブレットに描かれては逐一ネットにアップされたこれらの「隔離生活日記」は、2021年に版画作品となって展示される。

パンデミックの最中、アーティストが何をしていたのか、そのリアルタイムな記録として、そしてポストコロナ時代という不透明な未来世界への確かなメッセージを発信します。最新作の油彩画、ドキュメントフィルムも併せて展示予定。

≪タイムズスクエア、ニューヨーク≫2020, デジタルドローイング、55 x 76cm

≪再開≫2020, デジタルドローイング、56 x 76cm

その他、隔離生活シリーズについてはこちら

アーティスト

トップに戻る