展覧会Exhibition

Summer Selection:Drawing Nature展

  • Summer Selection:Drawing Nature展

サムネイルをクリックすると、拡大表示します。

Summer Selection:Drawing Nature展

2021年8月6日(金)-9月5日(日)

一枚の紙を前に、小さなこどもでも描き出さずにはいられない様子を見ると、描く行為は本来人間に備わっている行為のようです。時間と空間におけるドローイングのありようは、素材によっても、また対象によっても無限に拡がります。今回の展示では、アクリル、オイルパステルのほか、シルバーインク、スプレー、墨流しなど様々な素材と技法を展観し、我々をとりまく世界を描くドローイングの可能性を探ります。
日程 2021年8月6日(金)-9月5日(日)
営業時間 水~金 12:00-19:00 / 土日 11:00 - 17:00 ※時短営業
休廊日 月曜、火曜、および8月11日-15日

康夏奈 《Green and River 01-03》 2014 / 760 x 570mm / アルシュ紙にオイルパステル、水彩


昨年春に急逝した康夏奈は、自ら自然に分け入った体験を基にして、山や海を描く画家として知られています。周囲の風景を瞬間的に捉えて描くスピードに、一番追いついてくれるのがオイルパステルとの思いからパステルを多用していました。この作品には水彩も使われており、川辺の小石を表現した透明感のある水彩と筆圧の高い樹木のパステルが対比されています。北欧やロス、小豆島など様々な地形や気候を愛し、その記憶を紙に留めていた康ですが、風景を描いた他のドローイングも併せて展示します。

阪本トクロウ 《水面-weave-_A》2020 / 333 x 530mm /アクリル、墨汁、小川和紙、高知麻紙


今年2月に個展「阪本トクロウ:gap」で発表された「水面」のシリーズは、みなものゆらぎ、さざ波、光の乱反射などを描いたものでこれまで制作してきたオールオーバーな水面シリーズの延長にあります。墨流しの手法でまず、和紙に波紋様を表出し、その上にフリーハンドでアクリル絵具を重ねています。偶然の結果生まれた墨流しの紋様に、自然を写したリアルな線が重なり、重層的な奥行き感を創りだしています。

阪本トクロウ 《夕景》2016 / 1303 x 1303mm / 高知麻紙、アクリル


より俯瞰的な構図の作品もあります。甲府盆地を描いた《夕景》には、夕暮れの空のもと、そろそろ点灯し始める街の明かりが点々で表されています。細い筆を使って筆跡を見せないような精緻なタッチで描かれ、まさにその場の空気感が伝わってくるようです。

南条嘉毅 《エトルタの崖》 2017 / 273 x 455mm / エトルタの土、アクリル、パネル、綿布 他


南条は国内外に旅をして、その地の土を持ち帰って絵具として使っています。英仏海峡に面したノルマンディー地方のエトルタは詩情をそそられる場所の一つで、モネやクールベをはじめとして多くの画家が美術史上有名な作品を描いてきましたが、南条は同じような構図を用いながらも、その場で採取した土にメディウムを混ぜて使用している点でユニークです。その場所の記憶が物質としても画面に定着しているのです。南条は今年9月4日から石川県珠洲市で開催される奥能登国際芸術祭2020+に参加します。出品作品の中でもっとも注目されている、スズ・シアター・ミュージアムの全体演出を担当し、古い木造船やピアノを使ったしつらえに映像を組み合わせたインスタレーションを発表します。

鈴木ヒラク 《Constellation #35》2019 / 995 x 695mm / 紙にシルバーインク、墨汁、アルミニウムマウント


墨汁を染み込ませた漆黒の紙に、光を反射するシルバーインクで描かれた作品です。タイトルは星座を意味するConstellation で、無数に拡がる光の粒子が線によって関連付けられ、記号か文字のように規則性を持って集積されています。鈴木ヒラクは、「ドローイング」を絵と言葉のあいだにある行為と捉え、平面・壁画・パフォーマンスや彫刻など様々な手法によって、その可能性を拡張し続けています。壁画など特定の環境に属した場に描くときにはその歴史性や場所性を掘り起し、その上に自らの身振りの痕跡を残しています。それは、幼少の頃から関心を持ってきた「発掘」という考古学の方法論を、現代の都市空間に適用することで、未来の遺跡を作り出そうという試みでもあります。様々な背景を通ってきた記憶が、画面の上で音楽的なリズムを生み出しながら、過去と未来を線として繋げていることが感じられるでしょう。

鈴木ヒラク 《Road (Deambulation)》2018 / 1050 x 3000mm / 反射板、木製パネル


今回の展覧会では、通常は路上で標識として用いられる反射板を素材とした作品も展示されます。日常にありふれた記号の断片を再配置し、新たに繋ぎ合わせて光を反射させることによって、見るものとの応答を促す作品といえるでしょう。

ムニール・ファトゥミ 《Calligraphy of Fire》 2017 / 1220 x 1220mm (4枚組) / キャンバスにスプレー


モロッコ生れで、フランスに長く住み、現在はスペインで活動しているムニール・ファトゥミは、宗教や言語、教育などのテーマを巧みに組み合わせた幅広い作風で知られている作家です。この作品は、コーランの文章を金属で繰り抜いたオブジェを使い、スプレーで描いた平面作品です。4点のペインティングから構成されており、横一列に並置することも可能です。西欧の宗教や文化に慣れ親しんでいるファトゥミですが、常にperiphery =周縁からの視点を失わず、身近にある素材などを使って自らのアイデンティティを表現し続けています。

エコ・ヌグロホ 《Untitled painting A, C, D》2019 キャンバスにアクリル絵具


インドネシアを代表する現代アーティストのエコ・ヌグロホは、前回の奥能登国際芸術祭(2017)や瀬戸内国際芸術祭(2019)に参加し、伊吹島の古民家の中で壁画を描いて注目を集めました。マスクを被った人物が多いのは、アーティストによれば、人々のコミュニケーションの取り方が偏ってきており、「うつろで意味のない視線」を強調するための手段だそうです。ビビッドな色づかいで知られるエコですが、モノクロのドローイングも作家の手わざを直接伝えるものとして魅力的です。

大岩オスカール 《Shadow cat meets Light Rabbit (small)》 2021 / 460 x 610mm / キャンバスに油彩 


マーカーインキを駆使して大画面にモノクロの壁画を展開することでも知られる大岩オスカール。幼少期からドローイングの世界に浸りながら様々な世界や旅を空想していたといいます。そんな空想の旅に出てきそうなシャドウキャットとライトラビット。もともとは旅の途中で見た、群れをなして空港を走り去るウサギの群れにヒントを得た作品だそうです。現在、東京都現代美術館で開催中の企画展《Journals 日々、記す》展も併せてぜひご覧ください。














































関連ニュース

NEW 企画展「Survival Nature」@ 銀座 蔦屋書店
企画展「Survival Nature」@ 銀座 蔦屋書店
NEW 康 夏奈、大岩オスカール @ 東京都現代美術館
康 夏奈、大岩オスカール @ 東京都現代美術館
NEW Gallery's Picks for the Month (猿楽祭特集)
Gallery's Picks for the Month (猿楽祭特集)
NEW いよいよ開幕!奥能登国際芸術祭2020+
いよいよ開幕!奥能登国際芸術祭2020+
NEW 夏期休廊のお知らせ
夏期休廊のお知らせ
NEW GW休廊のお知らせ
GW休廊のお知らせ
NEW Artists' Breath―コロナ禍の中、アーティストはいま @ 市原湖畔美術館、千葉
Artists' Breath―コロナ禍の中、アーティストはいま @ 市原湖畔美術館、千葉
NEW ムニール・ファトゥミ、生と死の対話を開くメッセージ
ムニール・ファトゥミ、生と死の対話を開くメッセージ
NEW 康夏奈 @ 六本木蔦屋書店、東京
康夏奈 @ 六本木蔦屋書店、東京
NEW 阪本トクロウ、久野彩子 @ 練馬区立美術館
阪本トクロウ、久野彩子 @ 練馬区立美術館
NEW 阪本トクロウ|デイリーライブス展 @武蔵野市立吉祥寺美術館
阪本トクロウ|デイリーライブス展 @武蔵野市立吉祥寺美術館
NEW 康夏奈 @ 鎌倉市稲村ケ崎
康夏奈 @ 鎌倉市稲村ケ崎
NEW 康 夏奈 @ 東京都庭園美術館
康 夏奈 @ 東京都庭園美術館
NEW 【10月9日】Art Front Selection 2020 autumn 展示替えにともなう一時休廊のお知らせ
【10月9日】Art Front Selection 2020 autumn 展示替えにともなう一時休廊のお知らせ
NEW 康夏奈「花寿波島の秘密」@小豆島
康夏奈「花寿波島の秘密」@小豆島
NEW 椛田ちひろ、小野耕石、阪本トクロウ @ 代官山ヒルサイドフォーラム
椛田ちひろ、小野耕石、阪本トクロウ @ 代官山ヒルサイドフォーラム
NEW DAIKANYAMA T-SITE anjin café特別展:康夏奈展 In Memory of Kana Kou
DAIKANYAMA T-SITE anjin café特別展:康夏奈展 In Memory of Kana Kou
NEW アートフロントがTaipei Connection のライブストリーミングに参加!
アートフロントがTaipei Connection のライブストリーミングに参加!
NEW dialogue : エコ・ヌグロホ 作家による作品解説 をアップしました
dialogue : エコ・ヌグロホ 作家による作品解説 をアップしました
NEW 台風19号接近に伴う臨時休業のお知らせ
台風19号接近に伴う臨時休業のお知らせ
NEW  瀬戸内国際芸術祭2019:ひろがる秋!
瀬戸内国際芸術祭2019:ひろがる秋!
NEW 【会期延長決定】DAIKANYAMA T-SITE anjin café 瀬戸内国際芸術祭 連動展
【会期延長決定】DAIKANYAMA T-SITE anjin café 瀬戸内国際芸術祭 連動展
NEW 夏期休廊のお知らせ
夏期休廊のお知らせ
NEW 南条嘉毅@坂出市民美術館、香川
南条嘉毅@坂出市民美術館、香川
NEW DAIKANYAMA T-SITE anjin caféにて瀬戸内国際芸術祭 連動展 開催
DAIKANYAMA T-SITE anjin caféにて瀬戸内国際芸術祭 連動展 開催
NEW 南条嘉毅インタビュー:Roots of travel / 一雫の海(Daikanyama)
南条嘉毅インタビュー:Roots of travel / 一雫の海(Daikanyama)
NEW GW休廊のお知らせ
GW休廊のお知らせ
NEW 康夏奈@富山県美術館
康夏奈@富山県美術館
NEW ムニール・ファトゥミの新作ビデオが東京都庭園美術館で公開
ムニール・ファトゥミの新作ビデオが東京都庭園美術館で公開
NEW Selected Art Fair 2018 「蒐集衆商」 @ スパイラルガーデン、表参道
Selected Art Fair 2018 「蒐集衆商」 @ スパイラルガーデン、表参道
NEW 作品鑑賞パスポート発売:大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ 2018
作品鑑賞パスポート発売:大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ 2018
NEW 夏期休廊のお知らせ
夏期休廊のお知らせ
NEW 大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ特別展示@代官山蔦屋書店
大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ特別展示@代官山蔦屋書店
NEW 代官山T-SITE Anjinにて特別展示「さくらさく」展
代官山T-SITE Anjinにて特別展示「さくらさく」展
NEW ムニール・ファトミ作品紹介 vol.2:Maximum Sensationをアップしました
ムニール・ファトミ作品紹介 vol.2:Maximum Sensationをアップしました
NEW ムニール・ファトゥミ 新作紹介 vol.2:The class room
ムニール・ファトゥミ 新作紹介 vol.2:The class room
NEW ムニール・ファトミ作品紹介:Save Manhattan 03 をアップしました
ムニール・ファトミ作品紹介:Save Manhattan 03 をアップしました
NEW ムニール・ファトゥミ 新作紹介:The Machinery
ムニール・ファトゥミ 新作紹介:The Machinery
NEW 奥能登国際芸術祭2017スタート! アローラ&カルサディージャ作品紹介
奥能登国際芸術祭2017スタート! アローラ&カルサディージャ作品紹介
NEW 南条嘉毅 VOCA展 出品
南条嘉毅 VOCA展 出品
NEW アートフェア参加 Art Stage Singapore 2017
アートフェア参加 Art Stage Singapore 2017
NEW 2017年 年初めの展覧会スケジュール
2017年 年初めの展覧会スケジュール
NEW ZOKEI NEXT 50 小野耕石、南条嘉毅、原田郁が参加
ZOKEI NEXT 50 小野耕石、南条嘉毅、原田郁が参加
NEW 取扱い作家追加:ムニール・ファトゥミ
取扱い作家追加:ムニール・ファトゥミ
NEW 康夏奈(吉田夏奈)が土木展に出品
康夏奈(吉田夏奈)が土木展に出品
NEW 阪本トクロウ個展 - 周縁
阪本トクロウ個展 - 周縁
NEW 角文平・吉田夏奈 トーク 
角文平・吉田夏奈 トーク 
NEW 吉田 夏奈 個展
吉田 夏奈 個展
NEW 広重の旅-日常の中の遠い場所
広重の旅-日常の中の遠い場所
NEW 阪本トクロウ - 遠景
阪本トクロウ - 遠景
NEW 新緑とともに<絵画散歩>
新緑とともに<絵画散歩>
NEW 阪本トクロウ "けだるき一日生きるだけ"
阪本トクロウ "けだるき一日生きるだけ"
NEW 韓国のアートフェアに参加
韓国のアートフェアに参加
NEW Young Art Taipei
Young Art Taipei

トップに戻る