プロジェクトProject

アートフェア東京2021
川俣正「Tsunami No.20」/ パンネル、木、ペイント / W210 x D8 x H153 cm / 30 kg / 2018

  • アートフェア東京2021

サムネイルをクリックすると、拡大表示します。

アートフェア東京2021

ギャラリー

2021年 3月19日(金)ー 21日(日)

アートフロントギャラリーは3月19日から21日まで国際フォーラムで行われるアートフェア東京2021に出展いたします(VIPプレビューは18日になります)。コロナウィルス感染拡大防止のために来場者の数は1時間1300人に限定されますが、来場者を調整するためにオンライン予約にて入場を受け付けています。こちらのページでご予約ください。

日程 2021年 3月19日(金)ー 21日(日)
営業時間 12:00 – 19:00 (最終日-16:00)
プライベートビュー 2021年 3月18日(木) 13:00 – 20:00
ブースナンバー G098
会場 東京国際フォーラム ホールE/ロビーギャラリー(東京都千代田区丸の内3-5-1)
公式サイト https://artfairtokyo.com/
アートフロントギャラリーの主な出展作家は川俣正と藤堂になります。

藤堂と川俣は特定の素材を使って自分たちが創り上げる作品を通して歴史や時間というものを表現しようとしています。

川俣はモニュメンタルな建物にインスタレーション作品を設置することでその歴史と周囲の世界を結び付けてきました。大型のインスタレーション作品では主に木材を組み合わせることで新たに発見された空間そのものが作品化されます。プロジェクトの構想を記したドローイングやマケットは単にそのプランを表すというよりも、制作プロセスの軌跡が個別の作品となり、近年ますます人気を集めています。

川俣正 「Big Nest in Busan No.2」/ パンネル、木、ペイント / W153 x D12 x H210 cm / 30 kg 2018


一方藤堂は、ドイツ留学の頃からヨーロッパの様々な地域でみつけたオブジェを使って作品を創り出してきました。彼は常に或る場所はその場所固有の歴史や特徴を持っていると考えており、例えば歴史的な場所で拾ってきた石を使うことでその場所に込められた歴史そのものを捉えようとしています。

藤堂 「神宮プール-orange」/ がれき、積層ガラス / W15.2 x D10.6 x H12.1 cm / 27 kg 2019


この二人のアーティストは全く違った作風でありながら、彼らはもう一つ共通項を持っており、それが2011年に起こった震災と津波に端を発した作品群です。

川俣正 "Under the Water" 展示風景、ポンピドゥー・センター・メス、2016 photo by the artist, Tadashi Kawamata 川俣正撮影


あまりの甚大な被害を前にして川俣は何もできなかったといいます。ただ、作家は「人々は津波が起こったことを忘れようとしているが、瓦礫が消えることはない。むしろ戻ってくるものだ。」と述べています。忘れるというよりも、川俣はこの悲劇に寄り添った調査研究を推進しようとしているのです。

先に述べたもの以外にも川俣は様々な分野を詳しく調べており、フランスのポンピドー・メッスで東日本大震災が起こった後に開催された個展《Under the water》は自然災害を表現した例といえるでしょう。この大型インスタレーションは扉やイス、窓、既に当初の姿をとどめていないような木製の瓦礫によって構成されています。作品全体が見るものに強く訴えてくるのは、2011年3月に日本を襲った巨大な津波の前後に、水の中で人々が何を見たのか、どのようにこの世界が見えたのかという視点と、地震で破壊された建物や崩れた何トンもの瓦礫が水面を覆いかぶさる中で、永遠にその水面には浮き上がってこられないという絶望的で希望が断たれた感覚です。

川俣正 「Tsunami No.19」/ パンネル、木、メタル、ペイント / W210 x D8 x H153 cm / 30 kg 2016


このプロジェクトは震災後すぐに展示されました。もし川俣が日本にいたらこのような悲劇を直截的に表現するのは難しかったかもしれません。日本の外にいるからこそ違った角度からこの事象に対峙することができ、このトピックスをもっと客観的な側面から世界にむけて発信することができたといえるでしょう。地震だけでなく多くの犠牲を生み出した津波について、彼の拠点であるパリで展示することができたのは、日本人アーティストによる創造だったからではないでしょうか。

最後に川俣は、「瓦礫がやがて戻ってくる」と言及しています。その言葉通り、日本人によってパリで制作されたtsunami シリーズが今回、里帰りします。震災から10年の今年、日本で展示されることは大変意義深いといえるでしょう。

藤堂 Debris 2016 展示風景、アートフロントギャラリ―


藤堂もまた、彼の人生の中で東北の震災を重く受け止めています。彼は2011年の震災の後にヨーロッパから帰国し、それまでとは全く違った瓦礫作品を展開しはじめるきっかけとなりました。

今回は都市がめまぐるしく新陳代謝していく中で生み出される建物の断片や遺物を素材にしています。都市の歴史をとらえ、しばしば短いサイクルで移り変わっていく都市の記憶を誘導するかのようにその瓦礫の間にそっとガラスを挟み込みます。ヨーロッパの石を使っていたときには全ての人類にかかわる「考古学」であった作品が、瓦礫に方向転換した後はもっと個人史というか我々の私的な歴史に向かっているようです。建物の瓦礫はより身近な場所から見いだされており、瓦礫に挟み込まれたガラスの積層は、その建物に関するより特定の、より身近な思い出と結びついています。つまり藤堂の作品は観る人自身に訴えてくるわけです。

藤堂 「陸前高田 #03」/ がれき、積層ガラス / W36.3 x D16.3 x H3.4 cm / 2018


藤堂はまた、これらの建物の瓦礫の作品だけでなく、東日本大震災によって倒壊した家屋の瓦礫も作品化しています。この作品は、震災と津波で甚大な被害を受けた陸前高田の建物から採取された瓦礫によってつくられた作品です。

日本人の藤堂にとってこの出来事は衝撃でした。彼は実際に被災地を訪ね、既に持ち主が誰であったか知る由もないほど壊れてしまった瓦礫を採取しました。この作品を通して、作家は、見る人にかつてその場所に住んでいた人々やその歴史に思いを馳せてほしいと願っています。

東日本大震災から10年が経とうとしています。この未曾有の災害は文字通り大災害であり、いまだ癒えることのない心の傷を残しています。傷を癒し、現実を直視するためにも、アーティストがこの悲劇について語り続け、また何が起きたかを記憶するように努力してきたことを心に留めながら、これらの作品を見ていただけたらと思います。




川俣正と藤堂のほかには田中信太郎、大岩オスカール、レアンドロ・エルリッヒの作品を出展します。新進気鋭のアーティストとしては冨安由真と春原直人を展示しますのでぜひご期待ください。

田中信太郎「韓(HAN)-黒髪」/ キャンバスにアクリル / W194 x D4.5 x H194 cm / 1990

大岩オスカール「Shop (Market)」/ キャンバスに油彩 / W76 x H58cm / 2020

レアンドロ・エルリッヒ「見えない庭(夏)」/ 鉄、ステンレススチール、モス、スポンジ、ブリザーブドフラワー / H43 x φ45 cm / 2014

「Moonlit Trees (with Lady in White Dress)」2019年、パネルに油彩、130.3 x 97 cm(F60)、撮影 加藤健.jpg

冨安由真「Moonlit Trees (with Lady in White Dress)」/ パネルに油彩 / W97 x H130.3 cm / 2019


「4158」2019_和紙、岩絵具、墨、2273x1818x40 .jpg

春原直人「4158」/ 和紙、岩絵具、墨 / W227.3 x D4 x H181.8 cm / 2019

関連ニュース

NEW 春原直人:VOCA展 @ 上野の森美術館
春原直人:VOCA展 @ 上野の森美術館
アートフェア東京2021
アートフェア東京2021
春原直人 @ 新宿高島屋
春原直人 @ 新宿高島屋
[次回開催予定の展覧会 2] 大岩オスカール: 隔離生活
[次回開催予定の展覧会 2] 大岩オスカール: 隔離生活
アートブック/アートグッズ@BankART KAIKO、横浜
アートブック/アートグッズ@BankART KAIKO、横浜
冨安由真	@ KAAT神奈川芸術劇場
冨安由真 @ KAAT神奈川芸術劇場
[企画発表] 房総里山芸術祭 いちはらアート×ミックス2020+
[企画発表] 房総里山芸術祭 いちはらアート×ミックス2020+
【10月9日】Art Front Selection 2020 autumn 展示替えにともなう一時休廊のお知らせ
【10月9日】Art Front Selection 2020 autumn 展示替えにともなう一時休廊のお知らせ
Art Front Selection 2020 autumn 猿楽祭特別イベント
Art Front Selection 2020 autumn 猿楽祭特別イベント
田中望、春原直人:ひじおりの灯2020、山形
田中望、春原直人:ひじおりの灯2020、山形
作品紹介:レアンドロ・エルリッヒ《インフィニット・ステアケース》2020!
作品紹介:レアンドロ・エルリッヒ《インフィニット・ステアケース》2020!
川俣 正 @ BankART、横浜
川俣 正 @ BankART、横浜
春原直人@STUDIO CORE'LA、山形
春原直人@STUDIO CORE'LA、山形
Art Fair: artTNZ in Tokyo
Art Fair: artTNZ in Tokyo
夏期休廊のお知らせ
夏期休廊のお知らせ
作品解説:藤堂「筑豊ボタ」
作品解説:藤堂「筑豊ボタ」
藤堂 @ LOKO GALLERY、代官山
藤堂 @ LOKO GALLERY、代官山
藤堂 @ NADiff Window Gallery、恵比寿
藤堂 @ NADiff Window Gallery、恵比寿
レアンドロ・エルリッヒ @ 現代アート美術館「KAMU Kanazawa」
レアンドロ・エルリッヒ @ 現代アート美術館「KAMU Kanazawa」
旅に出よう!NY発大岩オスカールのデジタルドローイング日誌
旅に出よう!NY発大岩オスカールのデジタルドローイング日誌
アートフロントがTaipei Connection のライブストリーミングに参加!
アートフロントがTaipei Connection のライブストリーミングに参加!
冨安由真@3331 ART FAIR 2020
冨安由真@3331 ART FAIR 2020
春原直人@東京都美術館
春原直人@東京都美術館
冨安由真@ WAITINGROOM,神楽坂
冨安由真@ WAITINGROOM,神楽坂
川俣正 @ 銀座SHISEIDO THE STORE
川俣正 @ 銀座SHISEIDO THE STORE
レアンドロ・エルリッヒ@北ソウル美術館、韓国
レアンドロ・エルリッヒ@北ソウル美術館、韓国
川俣正@代官山ヒルサイドテラス
川俣正@代官山ヒルサイドテラス
 瀬戸内国際芸術祭2019:ひろがる秋!
瀬戸内国際芸術祭2019:ひろがる秋!
NEW 【会期延長決定】DAIKANYAMA T-SITE anjin café 瀬戸内国際芸術祭 連動展
【会期延長決定】DAIKANYAMA T-SITE anjin café 瀬戸内国際芸術祭 連動展
夏期休廊のお知らせ
夏期休廊のお知らせ
 瀬戸内国際芸術祭2019:あつまる夏!
瀬戸内国際芸術祭2019:あつまる夏!
DAIKANYAMA T-SITE anjin caféにて瀬戸内国際芸術祭 連動展 開催
DAIKANYAMA T-SITE anjin caféにて瀬戸内国際芸術祭 連動展 開催
大岩オスカール@金沢21世紀美術館
大岩オスカール@金沢21世紀美術館
川俣正、磯辺行久、大岩オスカール、金氏徹平@東京都現代美術館
川俣正、磯辺行久、大岩オスカール、金氏徹平@東京都現代美術館
GW休廊のお知らせ
GW休廊のお知らせ
春原直人 展によせて:日本画家 三瀬夏之介氏コメント
春原直人 展によせて:日本画家 三瀬夏之介氏コメント
NEW 元田久治、大岩オスカール @ 松濤美術館、渋谷
元田久治、大岩オスカール @ 松濤美術館、渋谷
Selected Art Fair 2018 「蒐集衆商」 @ スパイラルガーデン、表参道
Selected Art Fair 2018 「蒐集衆商」 @ スパイラルガーデン、表参道
川俣正:変容する家 in 東アジア文化都市2018金沢
川俣正:変容する家 in 東アジア文化都市2018金沢
レアンドロ・エルリッヒ @ カルチエ、表参道
レアンドロ・エルリッヒ @ カルチエ、表参道
作品鑑賞パスポート発売:大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ 2018
作品鑑賞パスポート発売:大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ 2018
夏期休廊のお知らせ
夏期休廊のお知らせ
大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ特別展示@代官山蔦屋書店
大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ特別展示@代官山蔦屋書店
展覧会紹介:レアンドロ・エルリッヒ展 @ HOW Art Museum (中国、上海)
展覧会紹介:レアンドロ・エルリッヒ展 @ HOW Art Museum (中国、上海)
レアンドロ・エルリッヒ展:Construction of Reality @ HOW Art Museum (中国、上海)
レアンドロ・エルリッヒ展:Construction of Reality @ HOW Art Museum (中国、上海)
川俣正 取扱い作品解説:「Frauenbad」 をアップしました
川俣正 取扱い作品解説:「Frauenbad」 をアップしました
レアンドロ・エルリッヒ 作品解説:The cloud(Japan)
レアンドロ・エルリッヒ 作品解説:The cloud(Japan)
森美術館にてレアンドロ・エルリッヒ展:見ることのリアル
森美術館にてレアンドロ・エルリッヒ展:見ることのリアル
[磯辺行久] 清津倉庫美術館がリニューアルオープン!!
[磯辺行久] 清津倉庫美術館がリニューアルオープン!!
川俣正 作品紹介~知られざるベルギーのベギンホフ
川俣正 作品紹介~知られざるベルギーのベギンホフ
レアンドロ・エルリッヒ 新作 Window and ladder - Leaning into History@スパイラル青山
レアンドロ・エルリッヒ 新作 Window and ladder - Leaning into History@スパイラル青山
NEW 川俣正 作品コラムをアップしました:アメリカにおける初期プロジェクト作品
川俣正 作品コラムをアップしました:アメリカにおける初期プロジェクト作品
NEW 「工事中」再開 ルーフトッププランとコールマイン田川 (展示作品紹介)
「工事中」再開 ルーフトッププランとコールマイン田川 (展示作品紹介)
NEW 川俣正 - 「 工事中 」 再開 レポートをアップしました
川俣正 - 「 工事中 」 再開 レポートをアップしました
NEW 藤堂「2Dプリンターズ」に出展、栃木県立美術館
藤堂「2Dプリンターズ」に出展、栃木県立美術館
NEW 清津倉庫美術館「川俣正-Crossroads」展 夏会期オープン
清津倉庫美術館「川俣正-Crossroads」展 夏会期オープン
北アルプス国際芸術祭スタート!大岩オスカール「夢の部屋」も完成
北アルプス国際芸術祭スタート!大岩オスカール「夢の部屋」も完成
GW休廊のお知らせ
GW休廊のお知らせ
NEW KAAT EXHIBITION 2017@ 神奈川芸術劇場に藤堂、田中望、角文平が参加します。
KAAT EXHIBITION 2017@ 神奈川芸術劇場に藤堂、田中望、角文平が参加します。
NEW レアンドロ・エルリッヒ 新作Lost Winter@三省ハウス【越後妻有】
レアンドロ・エルリッヒ 新作Lost Winter@三省ハウス【越後妻有】
NEW 2017 企画展「川俣正 Crossroads」@清津倉庫美術館
2017 企画展「川俣正 Crossroads」@清津倉庫美術館
レアンドロ・エルリッヒ@忠泰美術館
レアンドロ・エルリッヒ@忠泰美術館
アートフェア参加 Art Stage Singapore 2017
アートフェア参加 Art Stage Singapore 2017
レアンドロ・エルリッヒ個展@森美術館
レアンドロ・エルリッヒ個展@森美術館
明日開幕「古都祝奈良」キムスージャの新作も完成
明日開幕「古都祝奈良」キムスージャの新作も完成
川俣正の新作完成(奈良)
川俣正の新作完成(奈良)
「どうしてみんな、花が好き?」
「どうしてみんな、花が好き?」
角文平が新作を出品中  「瀬戸内国際芸術祭」特別展示@Anjin
角文平が新作を出品中 「瀬戸内国際芸術祭」特別展示@Anjin
瀬戸内国際芸術祭2016
瀬戸内国際芸術祭2016
蔡國強「船をつくる」 スタート
蔡國強「船をつくる」 スタート
アートフェア
アートフェア
藤堂 展 at 蔦屋書店  Anjin
藤堂 展 at 蔦屋書店 Anjin
大地の芸術祭 リポート
大地の芸術祭 リポート
レアンドロ・エルリッヒの新しいパブリックアートが公開
レアンドロ・エルリッヒの新しいパブリックアートが公開
レアンドロ・エルリッヒ個展
レアンドロ・エルリッヒ個展
大岩オスカール FIFA公式アートプリント
大岩オスカール FIFA公式アートプリント
レアンドロ・エルリッヒ 金沢21世紀美術館にて個展開催
レアンドロ・エルリッヒ 金沢21世紀美術館にて個展開催
ヒカリエ アートフェア
ヒカリエ アートフェア
渋谷ヒカリエ
渋谷ヒカリエ
大岩オスカール
大岩オスカール
大地の芸術祭
大地の芸術祭
大岩オスカール個展
大岩オスカール個展
大岩オスカール等参加
大岩オスカール等参加
レアンドロ・エルリッヒ Paris-Delhi-Bombayに参加
レアンドロ・エルリッヒ Paris-Delhi-Bombayに参加
大岩オスカール参加 昭和40年会 ウィー・アー・ボーイズ!
大岩オスカール参加 昭和40年会 ウィー・アー・ボーイズ!
藤堂良門展 -7000 Basalt
藤堂良門展 -7000 Basalt
シリーズ2: 大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレの作家たち
シリーズ2: 大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレの作家たち
大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレの作家たち
大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレの作家たち

トップに戻る