展覧会Exhibition

ディストピア:記憶の変遷

  • ディストピア:記憶の変遷

サムネイルをクリックすると、拡大表示します。

ディストピア:記憶の変遷

2023年2月3日(金)- 3月5日(日)

「ディストピア」という言葉は美術史の中で、廃墟のイメージと結びついてアーティストの創作意欲をかきたててきました。ヨーロッパ文明の始まりともいうべきギリシャ・ローマ時代の遺跡はルネッサンス期の宗教画の背景に描かれているだけでなく、18-19世紀には貴族の子弟が教養をつける旅の一部に組み込まれ、廃墟をテーマにした版画が多く創られています。
 現代におけるディストピアとは何でしょうか。今日の社会に蔓延する閉塞感そのものをディストピアと捉え、それに対する答えを求めて、アーティストたちはそれぞれの視点で作品を発表しています。本展では、ユートピアに相対するディストピアをめぐるを通じて、映像・造形作品両面からその多様性、多様な道筋を提示します。本展は恵比寿映像祭の地域連携プログラムに参加しています。

【展覧会出品作家】
●映像:副島しのぶ、釘町彰、ムニール・ファトゥミ、カールステン・ニコライ、ジャン
ナ・カディロワ
●造形作品:カネコタカナオ、エコ・ヌグロホ、エカテリーナ・ムロムツェワ、川俣正、元田久治、冨安由真、藤堂
日程 2023年2月3日(金)- 3月5日(日)
営業時間 水~金 12:00―19:00 / 土日 11:00―17:00
休廊日 月・火曜日
 我々の記憶の世界を動画の形で切り取る映像作品。釘町彰はサミュエル・バトラーの小説《Erewhon(エレホン)》からヒントを得た動画を発表しました。ディストピア小説の源流と目される小説のタイトルとなっていますが、スイス国境近くのガビ地方を車で走りながら、車窓からランダムに撮った連続シーンのプロセスを、そのまま映画のようなシークエンスとして映像作品として表現することを考えました。「これは私が偶然に出会った崇高なる風景との対話の軌跡であると同時に、ある未開文明との出会いを驚きと、尊敬と思慮をもって描き、今なお、現代文明に強い疑問意識を投げかける小説エレホンへの私なりの往復書簡でもある。」としています。

釘町彰《Erewhon》07min25 / 4K UHD / 2017

フランス/モロッコのアーティスト、ムニール・ファトゥミは昨年の瀬戸内国際芸術祭で、宇野港の三宅医院を舞台に廃墟を示唆するインスタレーションを発表しました。長年使われていない建物の中に、パリ郊外の移民が住んでいたアパルトマンの撤去を目撃したビデオを組み合わせ、注目を集めました。今回、ディストピアというテーマに応答してパリから送られてきたビデオはコロナ禍で作られた《The White Matter》という作品で、森の中の開放的な空間と手術室の閉鎖的な空間、明るい葉の背景と暗い技術環境、曲芸師の全身が動いている様子と手術されている身体の部分的で静止した様子、といった一連のコントラストによって強調された劇的な質を、不吉な音楽が交互にリズムを与えています。曲芸師の不規則で不正確な動きは、外科医の正確なジェスチャーと激しいコントラストを生んでいるといえます。
このビデオでムーニル・ファトミは、メディアの陳腐化に疑問を投げかけながら、現代のテクノロジーが記憶に与える影響について示唆しています。技術科学の進歩により、アナログメディアは急速に代替され、社会がバーチャル化するにつれ、デジタル画像に取って代わられるようになった。そこで作家は、かつて美化されていた本などの時代錯誤な道具を蘇らせ、私たちの世界認識を深く変え、記憶感覚を歪めてきた映像やメディアの変遷を問いかけます。映像のタイトルは、神経系の情報伝達を担う脳内の白質(ホワイトマター)にちなんでいます。

ムニール・ファトゥミ《The White Matter》2020-2021 フランス、16min.

理想郷とは対極にあるディストピアとしてもっとも衝撃的な作品は、ウクライナの作家、ジャンナ・カディロワによる石のパン《パリャヌィツャ》かもしれません。2022年大地の芸術祭にウクライナから出品された作品は、その春に戦火のキエフからウクライナ西部の山あいの村に避難し、川で石を集めて作品化したカディロワに手によるものですが、その制作プロセスを記録したビデオとともに出品されます。生きるか死ぬかの瀬戸際にある状況を象徴するかのようなパンは、アートを通じて平和のメッセージを送りたいという作家の願いを反映しています。「戦争が始まった当時、私は芸術は夢のようにはかないものだと感じた。しかし今は、美術は声を届けてくれると信じている」(作家コメント)。

ジャンナ・カディロワ《パリャヌィツャ》2022 石 サイズ可変 photo by Osamu Nakamura

アートフロントギャラリーでは今回初めて、副島しのぶの作品を展示します。立体アニメーションの技法を使った短編映画や映像、写真、立体作品を制作している副島は、人形を主体としながら、生肉や乳、植物、粘土など形状変化の伴う素材を取り入れることで、物質同士の境界線を融和させ、立体アニメーションによるアニミズムの再考を試みています。

今回は3本の映像作品をご覧いただけますが、その中で《ケアンの首たち》は若くして亡くなった子供が行き着くかもしれない、死後の世界を表現しています。行き着く先は、喜びも悲しみもない世界であり、主人公は早くに亡くなってしまった事への罪悪感がありながらも、その未練の正体もわからずにいる。地面に眠る数多の首を弔う作業は、どこまでも果てしなく続くという、厳しくも避けて通ることのできない儀式をテーマにしています。

副島しのぶ《ケアンの首達 》2018 7min.7sec.

これまで私たちの身近にあったディストピアのイメージは、人々の営みの痕跡につながるものともいえます。
 藤堂は、スクラップアンドビルドを繰り返す都市の新陳代謝に注目し、東京という大都市が高度成長期以来の荒波に揉まれながらその様相をかえてきた街の顔を、瓦礫を使った作品で表現しています。時を経たコンクリートやレンガといった建材の間に積層ガラスをはさみこむことにより、その場に流れてきた時間の積み重ねを感じさせると同時に、解体される建物の在りし日の面影を新しいかたちに変える試みでしょう。

藤堂《神宮プール -orange-》2019 瓦礫、積層ガラス h122xw152xd106mm

 同じく都市の風景を扱うことの多い版画家の元田久治。これまで東京のみならず、シンガポールや北京、ドバイ、ニューヨークなどの都市を廃墟の形で作品化してきました。それは人々の記憶にある過去の遺物というよりも、ある種未来予想図的なところもあり、同時代の風景を批評的な眼差しで捉えています。昨年60周年を迎えた首都高は、古いもの新しいものが絶えず入れ替わる、まさに代謝的な要素を持ち合わせており、ひと目でディストピアを連想させる高速道路のジャンクションを創り出しました。箱崎、江戸橋といった身近な場所にも廃墟は潜んでいます。

元田久治《Foresight: Hakozaki JCT》2019 リトグラフ 690 x 930mm

一方、冨安由真の描き出す廃屋の世界にはもう少し個人的、私的な雰囲気が漂います。冨安の作品が、幼い頃にみた夢や記憶とより結びついているからでしょうか。
冨安は対談の中で、「昔から高いところは苦手だったはずなんですけれども、そういった夢を小さいころ見ていて。私自身よく夢を見る人間で、それをしかも覚えているんですよね。さらに夢の中でわりと知覚するんです。例えば何か食べたら美味しいとか、音がしていたりとか、場合によっては「痛い」とか。実際には起きたときにはケガとかしていないんですが、(夢の中では)痛い気がして。、私はわりと自分の見た夢をモチーフにした作品をつくったりしています。」と述べています。

冨安由真《Shadows of Wandering (The Paintings)》2021 パネルに油彩、フレーム 1265 x 1595mm

今回のインスタレーション展示作品として、ファトゥミの《Maximum Sensation》は、スケートボードの示唆するスピード感とイスラム教の祈祷に使うラグを組み合わせた作品です。空中に舞う14台のスケートボードで構成される作品は、異次元なものから生まれるユニークさを備えています。この作品をつくったきっかけについて作家は、アフガニスタンの少女がスケートボードで遊んでいるのをみて、女子の禁止事項の多いイスラム社会でスケートボードは自由に扱えるツールであることを知って驚くと同時に、その高揚感を作品にこめたいと考えたそうです。こうした作品を通じて、辺境的な世界、文化の偏りを垣間見せる作品も、ある種のディストピアといえるのではないでしょうか。

ムニール・ファトゥミ《Maximum Sensation》2022 スケートボード、祈祷用ラグ サイズ可変

より明確な形で現代社会の在り方を批評しているのがインドネシアのエコ・ヌグロホです。
エコの描く人物はたいていマスク姿で表現されていますが、情報過多になった社会におけるコミュニケーションレス、最近では人々のコミュニケーションのとり方が偏ってきており、直接向かい合って相手の話を聞いたり、意見を述べたりする機会が減っている状況を描き出しているようです。作家によれば、お面というかマスクで表現したかったのは、この世界をうつろに視ているというか、意味のない視線などだそうです。民主主義が進めば進むほど、かえって人と人とのface to face な対話が減りつつある現状を浮き彫りにすることが、人物の服に書かれた「CRISIS」の文字にも現れています。

エコ・ヌグロホ《untitled painting A》2019 キャンバスにアクリル 650x650mm

カネコタカナオは、情報過多の現代においてその反乱が生み出すモンスターや、フェイクニュースや匿名の誹謗中傷など昨今問題になるネット上のノイズを可視化するような絵画作品で知られています。昨年開かれたアジアの新しい潮流をとりあげた《二次元派展》(キュレーター:沓名美和)では、カネコの作品の匿名性、独特な諧謔的表現などが注目されました。「インターネットの領域が社会全体に広がり、日常にSNSが浸透するとともに私たちはその利便性だけでなく、匿名性から生まれる誹謗中傷やヘイト、極端な正義、陰謀論といったある種の弊害とも付き合わざるを得なくなっている。偏った情報や発信を「ノイズ」と捉えて無視することもできるが、カネコは人間が処理しきれない過度なノイズの在り様に強く興味を持ち続けている。
様々な姿で描かれるモンスターのキャラクターは、そうしたノイズに晒されたときに生じる人間の二面性を表現しているのだという。モンスターは鋭利な牙やむき出しの眼球が恐ろしげに描かれているものの、どこか自滅的で滑稽さを滲ませているのが印象的だ。リアルな社会とネットの世界で自身のキャラクターを使い分ける人間の複雑性や、膨大な情報を受け止めるうちに偏った思想を強固にしてしまう様子などSNSのなかで変容していく人間性を取り上げて、モンスター化していくキャラクターと重ね合わせている。」とこの潮流の中に位置づけられています。

カネコタカナオ 《XY 01》 2022 アクリル、木製パネル、アクリル板、漫画雑誌 1455 x 1120mm

西側で教育を受けたロシア人アーティスト、エカテリーナ・ムロムツェワは作品を通じて現在進行中の闘いを停めるメッセージを送り続けています。《Women in black against the war 》のシリーズは、喪に服しているかのように黒い服に身を包み、白い花を手にした女性たちによる静かな抗議活動に捧げられたものです。ウクライナへの侵攻に反対するこれらの抗議活動は、ロシアのさまざまな都市で行われました。参加者のほとんどは女性でした。その後、世界各地のフェミニスト団体によって、自国政府の行動を批判するために取り入れられるようになりました。これらの作品で使用した最近のロシアの抗議活動の写真では、当局が活動家を特定できないように、頭部が切り取られていることが多々あります。ロシアでは今の状況を議論する際に「戦争」という言葉を使うことが禁止されているため、デモ参加者はこの言葉をアスタリスクや他のスローガンで隠すなどして、平和を訴えます。
作家は悲惨な現状を変えるため、「不正に対して声を上げることは可能だ、という信念を共有するために、私はこれらの作品を制作しました。どんな形であれ、私は戦争に抗議する勇気を持っているすべての人と連帯します。」と述べています。

関連ニュース

NEW Gallery's Picks for the Month (冨安由真 特集)
Gallery's Picks for the Month (冨安由真 特集)
NEW Gallery's Picks for the Month(Winter Gifts 特集)
Gallery's Picks for the Month(Winter Gifts 特集)
NEW 冨安由真、金氏徹平:ATAMI ART GRANT 2022 in 熱海、静岡県
冨安由真、金氏徹平:ATAMI ART GRANT 2022 in 熱海、静岡県
NEW 大地の芸術祭2022【開催中~11/13】
大地の芸術祭2022【開催中~11/13】
NEW 瀬戸内国際芸術祭2022【秋9/29~】
瀬戸内国際芸術祭2022【秋9/29~】
NEW 冨安由真 × 楳図かずお、あべのハルカス美術館(大阪)
冨安由真 × 楳図かずお、あべのハルカス美術館(大阪)
NEW カネコタカナオ:二次元派展
カネコタカナオ:二次元派展
NEW Kiaf SEOULに参加
Kiaf SEOULに参加
NEW 冨安由真:アートプロジェクト「PROJECT ATAMI」
冨安由真:アートプロジェクト「PROJECT ATAMI」
NEW 「元田久治:CARS」展、開幕直前特集-取扱作品から新作、制作風景まで一挙紹介
「元田久治:CARS」展、開幕直前特集-取扱作品から新作、制作風景まで一挙紹介
NEW 北斎と現代アート ART HANKYU 2022
北斎と現代アート ART HANKYU 2022
NEW 開幕!!大地の芸術祭 越後妻有2022
開幕!!大地の芸術祭 越後妻有2022
NEW 瀬戸内芸術祭 ムニール・ファトゥミの新作「実話に基づく」
瀬戸内芸術祭 ムニール・ファトゥミの新作「実話に基づく」
NEW 【ポストカード】アペルト15 冨安由真 The Pale Horse(金沢21世紀美術館)
【ポストカード】アペルト15 冨安由真 The Pale Horse(金沢21世紀美術館)
NEW アートフェア東京 2022 @ 東京国際フォーラム
アートフェア東京 2022 @ 東京国際フォーラム
NEW 藤堂 @ KUON Flagship Store、神宮前
藤堂 @ KUON Flagship Store、神宮前
NEW 冨安由真	× 楳図かずお、東京シティビュー
冨安由真 × 楳図かずお、東京シティビュー
NEW 【1月21日】営業時間変更のお知らせ
【1月21日】営業時間変更のお知らせ
NEW 【1/15開催決定!!】冨安由真x中野信子トークイベント
【1/15開催決定!!】冨安由真x中野信子トークイベント
NEW 【1月6日】閉廊時間変更のお知らせ
【1月6日】閉廊時間変更のお知らせ
NEW Gallery's Picks for the Month (くつろぎの空間アート!ラグジュアリーホテル特集)
Gallery's Picks for the Month (くつろぎの空間アート!ラグジュアリーホテル特集)
NEW 冬季休廊のおしらせ
冬季休廊のおしらせ
NEW Spiral Xmas Market 2021、南青山
Spiral Xmas Market 2021、南青山
NEW 冨安由真 @ ANB Tokyo、六本木
冨安由真 @ ANB Tokyo、六本木
NEW Gallery's Picks for the Month(いちはらアート×ミックス)
Gallery's Picks for the Month(いちはらアート×ミックス)
NEW 冨安由真、アデル・アブデスメッド、磯辺行久 @ いちはらアート×ミックス2020+
冨安由真、アデル・アブデスメッド、磯辺行久 @ いちはらアート×ミックス2020+
NEW 企画展「Survival Nature」@ 銀座 蔦屋書店
企画展「Survival Nature」@ 銀座 蔦屋書店
NEW Gallery's Picks for the Month (猿楽祭特集)
Gallery's Picks for the Month (猿楽祭特集)
NEW 冨安由真@金沢21世紀美術館
冨安由真@金沢21世紀美術館
NEW 【奥能登国際芸術祭2020+】いち押し4作家の作品紹介記事をアップしました
【奥能登国際芸術祭2020+】いち押し4作家の作品紹介記事をアップしました
NEW 【藤堂 ✕ Kuon】 NewYork Fashion weekでコラボしました。
【藤堂 ✕ Kuon】 NewYork Fashion weekでコラボしました。
NEW いよいよ開幕!奥能登国際芸術祭2020+
いよいよ開幕!奥能登国際芸術祭2020+
NEW 夏期休廊のお知らせ
夏期休廊のお知らせ
NEW GW休廊のお知らせ
GW休廊のお知らせ
NEW 冨安由真: テレビ朝日『アルスくんとテクネちゃん』出演
冨安由真: テレビ朝日『アルスくんとテクネちゃん』出演
NEW Artists' Breath―コロナ禍の中、アーティストはいま @ 市原湖畔美術館、千葉
Artists' Breath―コロナ禍の中、アーティストはいま @ 市原湖畔美術館、千葉
NEW ムニール・ファトゥミ、生と死の対話を開くメッセージ
ムニール・ファトゥミ、生と死の対話を開くメッセージ
NEW アートフェア東京2021
アートフェア東京2021
NEW アートブック/アートグッズ@BankART KAIKO、横浜
アートブック/アートグッズ@BankART KAIKO、横浜
NEW 冨安由真	@ KAAT神奈川芸術劇場
冨安由真 @ KAAT神奈川芸術劇場
NEW [企画発表] 房総里山芸術祭 いちはらアート×ミックス2020+
[企画発表] 房総里山芸術祭 いちはらアート×ミックス2020+
NEW 【10月9日】Art Front Selection 2020 autumn 展示替えにともなう一時休廊のお知らせ
【10月9日】Art Front Selection 2020 autumn 展示替えにともなう一時休廊のお知らせ
NEW 小野耕石@北九州市立美術館
小野耕石@北九州市立美術館
NEW Art Fair: artTNZ in Tokyo
Art Fair: artTNZ in Tokyo
NEW 夏期休廊のお知らせ
夏期休廊のお知らせ
NEW 作品解説:藤堂「筑豊ボタ」
作品解説:藤堂「筑豊ボタ」
NEW 藤堂 @ LOKO GALLERY、代官山
藤堂 @ LOKO GALLERY、代官山
NEW 藤堂 @ NADiff Window Gallery、恵比寿
藤堂 @ NADiff Window Gallery、恵比寿
NEW アートフロントがTaipei Connection のライブストリーミングに参加!
アートフロントがTaipei Connection のライブストリーミングに参加!
NEW 冨安由真@3331 ART FAIR 2020
冨安由真@3331 ART FAIR 2020
NEW 冨安由真@ WAITINGROOM,神楽坂
冨安由真@ WAITINGROOM,神楽坂
NEW dialogue : エコ・ヌグロホ 作家による作品解説 をアップしました
dialogue : エコ・ヌグロホ 作家による作品解説 をアップしました
NEW 台風19号接近に伴う臨時休業のお知らせ
台風19号接近に伴う臨時休業のお知らせ
NEW  瀬戸内国際芸術祭2019:ひろがる秋!
瀬戸内国際芸術祭2019:ひろがる秋!
NEW 特別展示「SLIDER  - 大人のための遊び場 -」@代官山蔦屋書店
特別展示「SLIDER - 大人のための遊び場 -」@代官山蔦屋書店
NEW 元田久治、大岩オスカール @ 松濤美術館、渋谷
元田久治、大岩オスカール @ 松濤美術館、渋谷
NEW ムニール・ファトゥミの新作ビデオが東京都庭園美術館で公開
ムニール・ファトゥミの新作ビデオが東京都庭園美術館で公開
NEW 特別展示「クロスワード -letter and image- 」@代官山蔦屋書店
特別展示「クロスワード -letter and image- 」@代官山蔦屋書店
NEW Selected Art Fair 2018 「蒐集衆商」 @ スパイラルガーデン、表参道
Selected Art Fair 2018 「蒐集衆商」 @ スパイラルガーデン、表参道
NEW 作品鑑賞パスポート発売:大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ 2018
作品鑑賞パスポート発売:大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ 2018
NEW 夏期休廊のお知らせ
夏期休廊のお知らせ
NEW 大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ特別展示@代官山蔦屋書店
大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ特別展示@代官山蔦屋書店
NEW ムニール・ファトミ作品紹介 vol.2:Maximum Sensationをアップしました
ムニール・ファトミ作品紹介 vol.2:Maximum Sensationをアップしました
NEW ムニール・ファトゥミ 新作紹介 vol.2:The class room
ムニール・ファトゥミ 新作紹介 vol.2:The class room
NEW ムニール・ファトミ作品紹介:Save Manhattan 03 をアップしました
ムニール・ファトミ作品紹介:Save Manhattan 03 をアップしました
NEW ムニール・ファトゥミ 新作紹介:The Machinery
ムニール・ファトゥミ 新作紹介:The Machinery
NEW 藤堂「2Dプリンターズ」に出展、栃木県立美術館
藤堂「2Dプリンターズ」に出展、栃木県立美術館
NEW GW休廊のお知らせ
GW休廊のお知らせ
NEW KAAT EXHIBITION 2017@ 神奈川芸術劇場に藤堂、田中望、角文平が参加します。
KAAT EXHIBITION 2017@ 神奈川芸術劇場に藤堂、田中望、角文平が参加します。
NEW カールステン・ニコライ個展@市原湖畔美術館
カールステン・ニコライ個展@市原湖畔美術館
NEW アートフェア参加 Art Stage Singapore 2017
アートフェア参加 Art Stage Singapore 2017
NEW 取扱い作家追加:ムニール・ファトゥミ
取扱い作家追加:ムニール・ファトゥミ
NEW アートフェア
アートフェア
NEW 藤堂 展 at 蔦屋書店  Anjin
藤堂 展 at 蔦屋書店 Anjin
NEW カールステン・ニコライ
カールステン・ニコライ
NEW カールステン・ニコライ 個展
カールステン・ニコライ 個展
NEW 線を聴く : 銀座メゾンエルメスにカールステン・ニコライと鯨津朝子が参加
線を聴く : 銀座メゾンエルメスにカールステン・ニコライと鯨津朝子が参加
NEW 大巻伸嗣: 森美術館 - シンプルなかたち:美はどこからくるのか
大巻伸嗣: 森美術館 - シンプルなかたち:美はどこからくるのか
NEW 市原湖畔美術館「プリントって何?」展 トークイベント開催
市原湖畔美術館「プリントって何?」展 トークイベント開催
NEW 夏季特別展示 エッジ・オブ・プリント展
夏季特別展示 エッジ・オブ・プリント展
NEW 市原湖畔美術館アーティストトーク
市原湖畔美術館アーティストトーク
NEW カールステンニコライ  第17回文化庁メディア芸術祭アート部門大賞受賞
カールステンニコライ 第17回文化庁メディア芸術祭アート部門大賞受賞
NEW ヒカリエ アートフェア
ヒカリエ アートフェア
NEW 元田 久治 個展 - 東京
元田 久治 個展 - 東京
NEW 渋谷ヒカリエ
渋谷ヒカリエ
NEW 藤堂良門展 -7000 Basalt
藤堂良門展 -7000 Basalt

関連プロジェクト

NEW ムニール・ファトゥミ:映像からインスタレーションまで
ムニール・ファトゥミ:映像からインスタレーションまで
NEW Gallery's Picks for the Month (冨安由真 特集)
Gallery's Picks for the Month (冨安由真 特集)
NEW Gallery's Picks for the Month《大地のコレクション展2022》@越後妻有清津倉庫美術館より
Gallery's Picks for the Month《大地のコレクション展2022》@越後妻有清津倉庫美術館より
NEW 冨安由真 x 中野信子 スペシャル対談~人はなぜ、見えないものに惹かれるのか
冨安由真 x 中野信子 スペシャル対談~人はなぜ、見えないものに惹かれるのか
NEW 元田久治:CARS展 作家に訊く
元田久治:CARS展 作家に訊く
NEW Gallery's Picks for the Month (CARS/車に魅せられた作家たち)
Gallery's Picks for the Month (CARS/車に魅せられた作家たち)
NEW 「元田久治:CARS」展、開幕直前特集-取扱作品から新作、制作風景まで一挙紹介
「元田久治:CARS」展、開幕直前特集-取扱作品から新作、制作風景まで一挙紹介
NEW 北斎と現代アート ART HANKYU 2022
北斎と現代アート ART HANKYU 2022
NEW Gallery's Picks for the Month(アートフェア東京 2022)
Gallery's Picks for the Month(アートフェア東京 2022)
NEW Gallery's Picks for the Month (くつろぎ空間のアート!ラグジュアリーホテル特集)
Gallery's Picks for the Month (くつろぎ空間のアート!ラグジュアリーホテル特集)
NEW Gallery's Picks for the Month(いちはらアート×ミックス)
Gallery's Picks for the Month(いちはらアート×ミックス)
NEW Gallery's Picks for the Month (猿楽祭特集)
Gallery's Picks for the Month (猿楽祭特集)
NEW Gallery's Picks for the Month (10月)
Gallery's Picks for the Month (10月)
NEW ムニール・ファトゥミ、生と死の対話を開くメッセージ
ムニール・ファトゥミ、生と死の対話を開くメッセージ
NEW アートフェア東京2021
アートフェア東京2021
NEW 作品解説:藤堂「筑豊ボタ」
作品解説:藤堂「筑豊ボタ」
NEW アートフロントがTaipei Connection のライブストリーミングに参加!
アートフロントがTaipei Connection のライブストリーミングに参加!
NEW dialogue : エコ・ヌグロホ 作家による作品解説
dialogue : エコ・ヌグロホ 作家による作品解説
NEW ムニール・ファトミ作品紹介 vol.2:Maximum Sensation
ムニール・ファトミ作品紹介 vol.2:Maximum Sensation
NEW ムニール・ファトゥミ 新作紹介 vol.2:The class room
ムニール・ファトゥミ 新作紹介 vol.2:The class room
NEW ムニール・ファトミ作品紹介:Save Manhattan 03
ムニール・ファトミ作品紹介:Save Manhattan 03
NEW ムニール・ファトゥミ 新作紹介 vol.1:The Machinery
ムニール・ファトゥミ 新作紹介 vol.1:The Machinery
NEW dialogue: カネコタカナオ 作品解説  2017/3/2
dialogue: カネコタカナオ 作品解説  2017/3/2
NEW 「プリントって何?‐境界を越えて‐」展
「プリントって何?‐境界を越えて‐」展

トップに戻る